水の110番救急車

各種カード支払い対応
30秒簡単入力、メールで相談する 最短30分で到着!無料相談ダイヤルはコチラ

365日
年中無休

受付
7:00〜24:00

今すぐトイレつまりを直したい方必見!水道のプロが厳選した方法5選

2020年2月4日

トイレつまり

今すぐトイレつまりの直し方をチェック

「トイレがつまっちゃった…!ヤバイ!」
「どうすれば元に戻るの??」

あなたは今、こんな悩みを抱えてはいませんか?

トイレがつまってしまうと、かなり焦りますよね…
普段起きないことですし、もし便器からあふれたら最悪です!
「すぐにどうにかしないと!」と慌ててしまうのではないでしょうか?

しかし、「とりあえず水を流してみよう…」とするのはNGですよ!

なぜならトイレのつまりは、つまった原因によって直し方が変わるから。
ですから、「今どういう状況か?」「なぜつまったのか?」をしっかりとご確認いただきたいんです…!

というわけで、この記事ではトイレつまりでよくある症状や原因、さらに直し方をご紹介しますよ!
トイレの知識がなくてもわかるように、わかりやすくご説明しますね。

この記事を読んで、あなたのトイレつまりの悩みが解決されるのを祈っています。
それでは参りましょう!

▶︎水道のプロに今すぐ解決してほしい方はこちら

水の110番救急車のポリシー
水の110番救急車のキャラクター
当サイト『水の110番救急車』は、皆様の地元の水道屋さんが加盟する、水まわりのトラブル専門ネットワークです。
「たった今困っているお客様に安心をお届けする」をモットーに、水のトラブルをどこよりも早く解決いたします。
緊急トラブルに最短30分で駆けつけ!
どんな水回りのトラブルも解決!
お見積り確定後の追加料金ナシ!
> 水の110番救急車のサービスについて詳しくみる!

トイレつまりでよくある症状

まずはトイレつまりでよくある症状をご紹介します!
つまってしまったトイレと見比べて、どれが当てはまるか確かめてみましょう。

今回は、数ある症状のなかでも次のものを取り上げます。

それぞれ詳しくご説明していきますね!

便器にたまった水が流れづらい

流れづらい

まずは便器の水を流しても、水が勢いよく流れない症状についてご説明します。
水が流れづらいためたまってしまい、水位が一時的に高くなることもあるんです。

この症状があるなら、便器か排水管のどこかがつまり、水の流れが悪くなっている可能性があります!

「でも10〜20分したら水がちょっとずつ流れるし、このままでも大丈夫そう?」
…なんて考えている方がいるかもしれませんが、ちょっと待ってください!

たしかに、時間がたつのを待てば水位は下がるでしょう。
しかし、そのままつまりを放置してしまえば、そこに紙などがつまっていき状況がどんどん悪化してしまいます。

ですから少しでも異常を感じたら、すぐに対処してくださいね!

便器の水位が高い

水位が高い

この症状は、トイレの水を流しても排水口へ流れず、どんどん水位が上がってしまうケース。
便器の水位は放っておけば下がることが多いですが、何回も水を流してしまうと最悪の場合あふれてしまうことも…!

もし便器の水が流れず、どんどん水位が上がっているなら、水が流れるはずの排水管がつまっている可能性があります。

ですから便器の水位が上がっている場合は、早めの対処が必要ですよ!

タンクから流れる水が少ない

タンクの故障

「大」で流しても、タンクから流れる水の量が少ないケースです。
この症状が起きているということは、本来よりも少ない水しか流れないため、トイレつまりが起きやすくなっています!

タンクの故障が原因である可能性が高いので、タンクから流れる水が少ないなら、なるべく早めに修理しましょう!

次の記事で詳しくまとめていますよ。

トイレ修理の相場はいくら?おトクに修理できる方法を3つご紹介!

トイレから「ボコボコ」と音がする

音がする

トイレから「ボコボコ」と音が聞こえてくる場合、つまりが原因で排水管内の水の流れが悪くなっています

また、トイレつまり以外が原因な場合もあるんです!

どういうことかというと、お家の外にある「汚水枡」(おすいます)というところが原因の可能性があります。 

「汚水枡」はお家の下水を公共の下水道まで繋いでいるもの。
ここがつまってしまうと下水がトイレへ逆流し、「ボコボコ」と音がすることがあるんです…!

また、雨や台風の日に下水道がいっぱいになると「ボコボコ」と鳴ることもあります。

もしトイレに何かをつまらせた覚えがない場合は、汚水枡がつまるなどの異常が起きているかもしれません。
汚水が逆流してくる前に、プロにすぐにご相談することをオススメします

さて、トイレがつまるとどんな症状が起きるのかをご説明しました。
あなたのトイレでも、同じような症状が起きているのではないでしょうか?

もし同じような症状が起きている場合、トイレがつまっている可能性がとても高いといえます!
では、なぜつまってしまったのでしょうか?原因を探ってみましょう。

▼トイレつまりの直し方をすぐに知りたいなら▼

トイレがつまる原因とは? 

それでは、次にトイレがつまってしまう原因についてご説明します!

トイレがつまる代表的な原因は3つあります。

  1. トイレットペーパーなどを大量に流した
  2. 異物を流した
  3. 流れる水が少ない

詳しくご紹介していきますね!

(1)トイレットペーパーなどを大量に流した

トイレット

トイレつまりでもっとも多い原因は、トイレットペーパーや便などを大量に流したこと。

本来、トイレットペーパーは水に溶けやすいため、適量であれば問題なく流れます。
しかし一度に大量に流そうとしてしまうと、水が十分に染み込まず、溶けきれないものが出てきてしまうんです。

その結果、溶けなかったトイレットペーパーが流れず、つまりの原因になってしまうんですね。

(2)異物を流した

異物

トイレに流してはいけないものを流してしまうと、便器の奥や排水管に引っかかってしまい、結果的につまります。

なお異物にもいろいろなものがありますが、トイレに流してしまいがちな異物は次のようなものが多いです。

とくにオムツは、水を含むと膨らむ素材を使っているため、かなりの確率でトイレがつまってしまいます。

また、トイレに流せるタイプのおしりふき・ペット用のトイレ砂なども、一度にたくさん流すとつまってしまうんです!

トイレに流せると書いているものでも、トイレつまりの原因になってしまうんですね。

(3)流れる水が少ない

さらに、いつも通りトイレを使っていたのにつまってしまった場合、タンクから流れる水が少ないせいでつまった可能性があります!
一度に流れる水が少ないと、いつも通りにトイレを使っていてもトイレットペーパーがつまってしまうんですね。

ですのでトイレットペーパーを多めに使ったときは、「大」で水を流し、つまりを防ぎましょう

さらにタンクの部品が壊れると、流れる水の量がかなり減ってしまうこともあります。
もしタンクの故障が原因なら、タンクを修理することでつまりを防げますよ!

さて、トイレつまりの原因をご紹介してきました。
あなたのトイレがつまった原因はどれに当てはまるでしょうか?

それでは、いよいよ直し方をご紹介していきますね!

プロが厳選!トイレつまりを直す方法5選

トイレつまりを直す方法は、つまった原因に合ったものでないといけません。
先ほどは、この3つが原因だとご紹介しました。

トイレつまりの原因
  1. トイレットペーパーなどを大量に流した
  2. 異物を流した
  3. 流れる水が少ない

実は、あなた自身でトイレつまりを直すとしたら、1か3が原因のつまりしか直せないんです…!

なぜかというと、2の「異物を流した」が原因の場合、便器や排水管から異物を取り出すのがとても難しいから。
ムリに取り出そうとしてしまうと、異物をさらに奥につめてしまったり、便器をキズつけてしまったりするかもしれません…

もし異物をどうしても自分で取りたい場合は、手でつかんで引っ張り出すのがいちばんいい方法です。
ですが、実際にやるのは結構大変…。

ですから、なんらかの異物を流してしまったら、すぐに水道業者に相談するのがベストですよ!

というわけで、今からご紹介するトイレつまりの直し方は1か3が原因のときしか使えませんので、ご了承ください。
ご紹介する直し方は、次の5つです!

トイレつまりを直す方法
  1. お湯だけで流す方法
  2. 洗剤とお湯で流す方法
  3. ハンガーで流す方法
  4. ラバーカップで流す方法
  5. 真空式パイプクリーナーで流す方法

では、それぞれの直し方について詳しく見ていきましょう!

(1)お湯だけで流す方法

お湯だけで流す

まずはお湯だけで流す方法について。
この方法では、お湯でトイレットペーパーや便を柔らかくすることで、つまりを直します

用意するものは、バケツ2つ・お湯(3〜5リットル)です。

このときに注意していただきたいのが、お湯の温度
熱すぎると便器が割れてしまうので、40〜50度くらいのお湯を用意しましょう。
手順
  1. 便器の水をできる限りバケツに移す
  2. 便器から50cmほどの高さから、排水口に向かってお湯を流す
  3. 2の工程を2〜3回繰り返す
  4. 1時間ほど放っておく
  5. トイレに水を少しずつ流し、便器から水が流れたら成功

この方法はとてもカンタンにできるので、トイレがつまったらとりあえず試してみてもいいかもしれませんね。

(2)洗剤とお湯で流す方法

洗剤とお湯

続いて紹介するのは、食器用洗剤を使う方法です!
こちらもカンタンにできるので、ぜひ試してみてくださいね。

用意するものは、バケツ・食器用洗剤(100cc)・お湯(3〜5リットル)
こちらもお湯を使いますが、必ず40〜50度の熱すぎないお湯を使いましょう!

手順
  1. 便器の水をできる限りバケツに移す
  2. 食器用洗剤(100cc)を便器に入れる
  3. お湯をゆっくりと流す
  4. 20〜30分放っておく
  5. トイレに水を少しずつ流し、便器から水が流れたら成功
食器用洗剤のあとにお湯を入れるときは、ゆっくりと入れてくださいね!
勢いよく入れると、洗剤の泡がたくさんできてしまいます。

(3)ハンガーで流す方法

ハンガー

この方法は、ハンガーを曲げて排水管に入れることで、つまったものを押し出すというもの。
針金ハンガーさえあればできる、とてもカンタンな方法ですよ!

用意するものは、バケツ・針金のハンガー・ペンチ

ハンガーは、手でも曲げられるような柔らかいものを使いましょう!

手順
  1. ハンガーのフック部分を、ペンチで切り落とす
  2. 片方の針金を輪っか状に曲げる
  3. 輪っか状に曲げた針金を、排水口に入れる
  4. つまった部分に到着したら、小刻みに動かして削る
  5. つまった部分が削られ、水が流れはじめる
  6. バケツに入れた水を少しずつ流し、便器から水が流れたら成功

なお、この方法は手軽にできますが、乱暴に出し入れすると便器がキズついてしまいます。
ムリに押し込もうとせず慎重に作業しましょう!

(4)ラバーカップで流す方法

ラバーカップ

トイレつまりではおなじみの、ラバーカップで直す方法をご紹介します。
「スッポン」や「パッコン」という呼び名のイメージがあるかもしれませんね。

とはいえ、ラバーカップの正しい使い方を知っている方は少ないのではないでしょうか?
ラバーカップは、水圧の変化でつまったものを流しだせます。

ですので、仕組みを参考に正しい使用法を知って、トイレつまりを解消しましょう!

用意するものは、ラバーカップ・バケツです。

手順
  1. ラバーカップを排水口につけて、ゆっくりと押しつける
  2. これ以上押し付けられなくなったら、勢いよく引っ張る
  3. 1と2を何回か行う
  4. バケツに入れた水を少しずつ流し、便器から水が流れたら成功

ラバーカップは手軽に買えますし、手順も難しくありません。
お家にひとつは置いておくといいですね!

(5)真空式パイプクリーナーで流す方法

パイプクリーナー

「真空式パイプクリーナー」…聞き覚えがないかもしれませんね。
こちらはトイレをはじめ、台所などのパイプつまりを直すグッズ。

先ほどご紹介したラバーカップよりも、強力な吸引力でつまりを取ってくれるスグレモノなんですよ!

用意するものは、真空式パイプクリーナー・バケツです。

手順
  1. パイプクリーナーを排水口にしっかりと押しつける
  2. レバーを数回上下させ、パイプクリーナーを排水口から離す
  3. 2を何回か行い、「ボコッ」と水が流れるまで続ける
  4. バケツに入れた水を流し、便器から水が流れたら成功

力をそこまで使わずにつまりを直せるため、とても便利です。
しかし丁寧に作業しないと、レバーを握った手に汚水が逆流してしまうことも…。

少しコツが必要ですが、つまりに悩まされる方はぜひ使ってみてくださいね!

やってはいけない5つの直し方

さて、トイレつまりを直す方法を5つご紹介してきました。
トイレットペーパーをつまらせてしまったときは、ぜひ参考にしていただきたいと思います!

ですがご紹介した直し方の一方で、トイレつまりでやってはいけない直し方もいくつかあるんです。

今回は、次の5つの方法をご紹介しますね。

  1. とりあえず水で流す
  2. 熱湯で流す
  3. 重曹と酢を入れる
  4. 強い薬剤を流す
  5. 便器を外す

まずやってはいけないのが、いきなり水で流す方法
トイレのつまりを水の勢いだけで直すのは、正直かなり厳しいんです!
もし水の勢いだけで直るのであれば、そもそもトイレットペーパーはつまりませんからね。

しかも、トイレがつまっているということは、水の通り口がふさがっている状態です。
その状態で水を勢いよく入れても、便器から水があふれるだけで終わってしまいますよ…!

「熱湯ならトイレットペーパーが溶けやすいでしょ!」と考えて、アツアツの熱湯を入れるのもNGです!

便器は基本的に陶器でできており、熱に強くありません。
ですから、煮立っているような熱湯を入れてしまうと、ヒビが入って壊れる可能性が高いんですね!

もしヒビが入れば、便器ごとすべて交換するという最悪な結末になってしまいます…。
高い交換費用を防ぐためにも、お湯を入れるときは40〜50度の熱すぎないお湯を入れてくださいね。

重曹と酢をトイレに入れて、つまりを解消する方法もオススメできません。
重曹と酢は組み合わせることで、炭酸ガスが発生し、汚れを取ってくれます。
キッチンなどいろいろな掃除でもよく使われますよね。

一見トイレつまりに効きそうな感じもしますが、実はそうでもないんです…!

まず炭酸ガスが発生しても、つまっているトイレットペーパーはそこまで溶けません。
さらに、重曹と酢の配合量を間違えてしまうと、汚水が便器からあふれてしまうことも。
配合量は決まっておらず、あなたの感覚で決めるしかないため、オススメできないというわけです。

強い薬剤も、トイレつまりにはあまり効果がありません。 

なぜなら、トイレットペーパーなどに薬剤をかけたところで、そこまで変わらないから。
むしろ便器を痛めてしまいます!

さらに取り扱いを間違ってしまえば、ケガをする恐れも…。

より安全で、効果的に直す方法はありますから、ムリに薬剤を使う必要はありませんよ!

さらに、便器を外してつまりを取ろうとした方を見ましたが、ロクなことになりません。
便器を外すのはかなりの手間と時間を使いますし、つまりを直せる保証もありませんよ!

便器を外すと、汚水・汚物が床についてしまう可能性があります…。
そうなれば精神的・衛生的にもかなりひどくなってしまいますよね。

ですから、基本的に便器は外さないようにしましょう!

[+] もっと詳しく

それでも直らないなら水道業者に相談しましょう

トイレットペーパーなどがつまったときの直し方をご紹介していきました!
さっそく試してみた方もいるのではないでしょうか?

ご紹介した方法でつまりが直る方はもちろんいるかと思いますが、一方で直らない方もいるかもしれません。
また、トイレットペーパー以外の固形物を落としてつまったという方は、ご紹介した方法では直らないかと思います。

その場合は、水道業者につまりを直してもらうのがベストですよ!

なぜなら、トイレは仕組みが複雑で、異物を取り出すのが大変だから。
もし固形物がつまってしまっている場合、知識がない状態で取り出すのはかなり難しいんですね。

トイレがずっと使えないのもツライですし、早めに依頼することをオススメします!

ちなみに、「水の110番救急車」でもトイレつまりを解決しています。

ご依頼をいただいてから最短30分でお家にお伺いし、現場の状況を確認。
その後、無料でお見積もりいたします!

内訳についても丁寧に説明いたしますので、作業が始まってから金額が上がることは一切ございません。

作業も迅速に行うことで、最短15分でトラブルを解決!
すぐにトイレを気持ちよく使っていただけますよ。

お困りの際はぜひご相談くださいね。

まとめ

ここまでお読みいただきありがとうございます!

トイレつまりの直し方は知っていただけたでしょうか?

トイレがつまったときに、自分で直せるのは「トイレットペーパーなど水に流れるもの」がつまった場合だけです。
私がご紹介した直し方を参考に、試してみてくださいね。

それでも直らなかったり、「水に流れないもの」をつまらせてしまった場合は、「水の110番救急車」にご相談ください。

すぐにお家にお伺いし、最短15分であなたの悩みを解決します!

2020年2月4日

スタッフがすぐに向かいます!

「トイレがつまって…」「水が止まらなくて…」と状況をお伝えください!

スタッフの写真

最短30分で到着!無料相談ダイヤルはコチラ

お電話ください365日年中無休受付:7:00〜24:00

現在、最短30分〜でお伺いします!

さらにWEB限定、工事代金から1,000円割引

対応エリア

※一部対応不可エリアあり。お伺いできない地域もございますので、一度ご連絡ください。