水の110番救急車

各種カード支払い対応
30秒簡単入力、メールで相談する 最短30分で到着!無料相談ダイヤルはコチラ

365日
年中無休

受付
7:00〜24:00

トイレやトイレタンクの水がたまらない原因の全てと自分で直す方法

2020年2月12日

「トイレに水がたまらない・・・。」

トイレは毎日必ず使う、なくてはならない場所ですから、このような症状があらわれてしまうと、すごく不安になってしまいますよね。

トイレの水がたまらない症状に共通しているのは、バッと見で原因がわからないことです。
原因がわからないと、対処のしようがないので困ってしまいます。

そのため、故障しているのかどうかも判断しづらいので、業者を呼ぶのもお金が無駄になってしまいそうでイヤですよね。

トイレに水がたまらないとき、原因はいくつも考えられます。
その原因によっては、自力で数秒もあれば直せる場合もあります。
逆に、業者に頼んでもどうにもならない場合もあるんです。

つまり、トイレの水がたまらないときは、その原因をちゃんと把握した上で対処することが大事ということです。

では、どのようにして水がたまらない原因をつきとめることができるのでしょうか?

トイレの水がたまらないという症状は、大きく2つに分けられます。

この2つです。
あなたのお家のトイレはどちらに当てはまりますか?

すぐタンクの中に水がたまらない
対処法を知りたい方はこちら
すぐトイレの底の水がたまらない
対処法を知りたい方はこちら

この記事では、トイレの水がたまらない原因の全てをお伝えします。
あなたのお家のトイレが、なぜ水がたまらないのか?がわかるはずです。

そのうえで、自力で直せるものは、すぐに自分ひとりでできる対処法もお伝えします。

「どうしたらいいかわからないから、とりあえず業者を呼ぶべき?」
「放っておいたら直るかも知れないし、放置しても大丈夫?」

あなたがもしこのようにお悩みであれば、まずはこの記事を最後まで読んでみてください。
きっと最善の対処法が見つかり、安心してトイレを使えるようになるはずです。

それではさっそく、一緒に原因を探ってみましょう!

なんでもいいから今すぐ解決したい!という方はこちらからご相談ください。

水の110番救急車のポリシー
水の110番救急車のキャラクター
当サイト『水の110番救急車』は、皆様の地元の水道屋さんが加盟する、水まわりのトラブル専門ネットワークです。
「たった今困っているお客様に安心をお届けする」をモットーに、水のトラブルをどこよりも早く解決いたします。
緊急トラブルに最短30分で駆けつけ!
どんな水回りのトラブルも解決!
お見積り確定後の追加料金ナシ!
> 水の110番救急車のサービスについて詳しくみる!

トイレのタンクに水がたまらない原因と対処法は?

トイレのタンクに水がたまらない・給水されない場合、原因として考えられるのは、以下の5つです。

原因を探るためには、原因として考えられるところをひとつずつチェックする必要があります。
そのとき、手当たり次第に見てみるのではなく、まずは上記の順番通りにチェックしてみて下さい。

短時間でチェックできる順に並んでいるので、原因のチェックにかかる手間を最小限におさえることができます。

それでは、上から順に見ていきましょう。

水道が止まっている

水道が止まっているかチェックする方法

家の中の、トイレ以外のどこかの蛇口をひねってみましょう。

  • 水が出た・・・水道からは問題なく給水されてます。
  • 水が出ない・・水道が止まっています。
水道が止まっていた場合の対処法

水道の元栓がしまっていたら、あけましょう。

  • 水道管が凍結していたら、水道管を温めましょう。
  • 水道工事や水道管の破裂の場合は、水道局に問い合わせましょう。

水道から給水されている場合は
トイレの止水栓をチェック!
クリックしてスクロール

トイレ以外の蛇口をひねっても水が出てこない場合は、トイレの水がたまらないのは水道が止まっていることが原因であると考えられます。

なぜなら、家全体の給水がストップしているため、トイレのタンクに給水されていないからです。

つまり、水道が使えるようになったら再びトイレの水もたまるようになるはずです。

水道が止まる原因は4つ考えられます。

水道の元栓がしまっている?

道の元栓をあければ、水道が使えるようになります。

先ほどふれたとおり、給水用の水の流れは、もとをたどるとひとつの水道管に行き着きます。

その水道管には元栓が設けられていて、これをしめると、家全体の給水がストップします。

水道の元栓は、基本的には水道メーターの隣に設けられています。

この元栓がしまっていると、お家全体の水道が止まるというわけです。

元栓は右に回すとしまり、左に回すとひらきます。

戸建住宅の場合は、屋外の地面に埋め込まれている事が多いです。

集合住宅の場合は、玄関付近のパイプシャフトの中にあることが多いです。

小さなアパートなどの場合は、戸建てと同じように、屋外の地面に埋め込まれている場合があります。

水道の元栓をひらき、お家の水道が使えるようになったら、トイレを確認してみてください。

トイレのタンク内に水がたまりはじめていたら、問題解決です。

この方法を試しても、家の水道が止まったままの場合、管轄の水道局に問い合わせてみましょう。

[+] もっと詳しく

水道管が凍結している?

自然に解けるのを待つか、水道管を温めて解かしましょう。

寒冷地ではよくあることですが、水道管が凍結してしまうと、水の流れがストップしてしまうため、給水されません。

水道管の凍結は、冬に水道を数日間使わず、水抜きをしてない時によく起こります。

自然に解けるのを待っても解決しますが、すぐに水が出るようにしたい場合は自力で解かすこともできます。

自力で解かしたい場合、まずは凍った水道管を探しましょう。

凍ってしまう可能性がある水道管は、蛇口付近や外でむき出しになっている水道管です。

水道管を見つけたら、水道管を温めます。

温める場合は、水道管の上にタオルなどをかけ、その上から50度前後のぬるま湯を少しずつかけます。

このとき、お湯を水道管に直接かけたり、100度近い熱湯をかけたりしないように気をつけて下さい。

コップを急激に温めると割れてしまうのと同じ要領で、急激に温めてしまうと水道管が破裂してしまうおそれがあります。

水道管を温めた後、家の水道が使えるようになったら、トイレを見てみてください。

トイレのタンク内に水がたまりはじめていたら、問題解決です。

水道管を温めても水道が使えない場合は、凍った水道管が自然に解けるのを待つか、管轄の水道局に問い合わせてみましょう。

[+] もっと詳しく

付近で水道工事をしている?

工事が終わるのを待ちましょう。

お家の近くで水道工事をしている場合、工事中に断水されることがあります。

その場合は、ポストへの投函や郵便で、断水のお知らせが届いている可能性があります。

近くで水道工事をしていたり、断水のお知らせが届いていないかチェックしてみましょう。

水道工事が原因の場合は、工事が終われば水も出るようになり、トイレのタンクへの給水も始まります。

自力で対処できることはありませんので、気長に待ちましょう。

[+] もっと詳しく

水道管が断裂している?

水道局に問い合わせてみましょう。

地面に埋まっている水道管も、劣化してしまうことで断裂してしまう恐れがあります。

[+] もっと詳しく

このような場合は、自力で対処できることはありません
家全体の給水が止まっており、付近で水道工事なども特にされていない場合は、管轄の水道局に問い合わせてみましょう。

トイレの止水栓のあけ忘れ

トイレの止水栓をチェックする方法

トイレの止水栓を探し、マイナスドライバーで左へ回してみましょう。

  • 左へ回らない・・止水栓はひらいています。
  • 左へ回った・・・止水栓がしまっていたようです。
トイレの止水栓がしまっていた場合の対処法
  • 止水栓を左に回らなくなるまで回して、ひらいた状態にしましょう。

止水栓がひらいている場合は
タンク内の浮き玉をチェック!
クリックしてスクロール

家全体の給水を制御する元栓の他に、トイレのみへの給水を制御する止水栓があります。

トイレのタンク内を掃除するときなど、トイレの止水栓をしめるのが一般的です。
その際、止水栓をしめたあとにあけ忘れてしまうと、トイレのタンクへの給水がストップしてしまいます。

また、止水栓があいている状態でも、あき方が足りないと水の流れが弱く、タンク内に水がたまるのが遅くなってしまいます。

トイレの止水栓がしまっていないか確認してみましょう。

止水栓の場所はこちら。

トイレの止水栓は、このように操作することができます。

止水栓をあける場合は左へ回してください。
しめる場合は右に回してください。

止水栓をあけて、トイレタンクに給水がはじまったら、問題解決です。
止水栓がひらいているにも関わらず、タンクに水がたまらない場合は、タンク内をチェックする必要があります。

タンク内の浮き玉の不具合

タンク内の浮き玉をチェックする方法

トイレタンクのフタを開けて、浮き玉を下に押してみましょう。

  • 給水が始まった・・浮き玉に不具合があります。
  • 給水されない・・・他の部品に不具合があります。
浮き玉に不具合があったときの対処法
  • 他の部品に浮き玉がひっかかっていたら、手で浮き玉の位置を直しましょう。
  • ボールタップについている水位調節リングを回して、浮き玉が正常に動くよう調整しましょう。

浮き玉以外に不具合がない場合は
フィルターをチェック!
クリックしてスクロール

トイレタンクへの給水は、タンク内にある浮き玉によって制御されています。

浮き玉とは何でしょうか?

一般的なタンク式トイレは、トイレの水を流すとタンクへの給水が始まりますよね。
タンク内の水が一定量までたまると、タンクへの給水がストップされます。

この水の量を、浮力を利用して制御しているのが、この浮き玉です。

つまり、何らかが原因でこの浮き玉が上がったままになっているなっていると、タンクへの給水がストップされたままになってしまいます。

まずはトイレタンクのフタを開けてみて下さい。
フタを開けたら、浮き玉を手で下へ軽く押し込んでみましょう。

押し込んだら給水が始まった場合、トイレのタンクに水がたまらないのは浮き玉の不具合が原因です。

浮き玉が、タンク内のどこかの部品にひっかかって、上がったままになっていることがあるので、その場合はこの時点で浮き玉のひっかかりは解消されます。

浮き玉がひっかかているわけではなく、浮き玉に原因がありそうな場合は、浮き玉とつながっているボールタップの、水位調節リングを調整してみましょう。

水位調節リングは、このような場所にあります。

このツマミを少しずつ操作してみてください。
そうすることで、不具合が解消されることがあります。

浮き玉の位置や水位調節リングを操作してみて、正常にタンクへ給水されるようになったら問題解決です。
この方法を試しても、タンクへの給水が正常に行われない場合は、フィルターの目詰まりをチェックしましょう。

ボールタップフィルターの目詰まり

ボールタップフィルターをチェックする方法

トイレの止水栓をしめ、図を参考にボールタップフィルターを取り外して確認してみましょう。

  • ゴミが付着している・・・フィルターが目詰まりしています。
  • 何も付着していない・・フィルターは正常です。
ボールタップフィルターの目詰まり解消法
  • 水で目詰まりを洗い流しましょう。
  • 劣化がひどい場合は買い替えましょう。

フィルターが正常な場合は
ダイヤフラムをチェック!
クリックしてスクロール

タンク内の浮き玉はボールタップへつながっており、ボールタップにはフィルターが取り付けられています。

このフィルターに、ゴミなどが付着していると、給水される水の通り道がなくなり、タンク内に水がたまりづらくなってしまいます。

こちらフィルターの目詰まりが原因の場合は、フィルターを取り外し、水で洗えば、タンクへ給水されるようになります。

まずはトイレの止水栓をしめ、ボールタップフィルターを取り外してみましょう。

フィルターを取り外すことができたら、フィルターを水で丸洗いしてみて下さい。
フィルターが劣化していて買い替えが必要な場合は、フィルターを購入しましょう。

フィルターは、ホームセンターやAmazonなどの通販で購入することが可能です。

フィルターの目詰まりが解消できたら、トイレのフタを閉めて止水栓をひらいてみてください。

トイレタンクへの給水がはじまったら、問題解決です。
ボールタップフィルターが正常であり、症状が改善されない場合は、ダイヤフラムを交換してみましょう。

ダイヤフラムの劣化

ダイヤフラムをチェックする方法

トイレの止水栓をしめ、図を参考にダイヤフラムを取り外して確認してみましょう。

  • 汚れやゴムのひび割れがみられる・・ダイヤフラムが劣化しています。
  • 特に汚れなど劣化がみられない・・・給水管やボールタップが故障しています。
ダイヤフラムが劣化していた場合の対処法
  • 新品のダイヤフラムを購入して、交換しましょう。

給水管やボールタップが故障している場合は、水道業者やトイレメーカーに修理を依頼しましょう。

タップで水の110番救急車の詳細を見る

ダイヤフラムはボールタップ内に取り付けられている部品です。

給水管の水圧を制御する役割があり、ダイヤフラムが劣化してしまうと、タンクへ給水されなくなってしまったり、逆に給水が止まらなくなってしまうことがあります。

まずトイレの止水栓をしめ、ダイヤフラムを取り外して確認してみてください。

ダイヤフラムに汚れが多く付着していたり、ゴム部分が硬くなって割れてしまっていたりしたら、ダイヤフラムが劣化している証拠です。

ダイヤフラムは、通販やホームセンターなどで1,000円以下で購入することができるので、あたらしいダイヤフラムに交換しましょう。

新しいダイヤフラムを取り付ける際は、黒いゴム部分の小穴からピンが出てくることを確認してセットしましょう。

確実に差し込まれていないと、水が噴き出してしまう恐れがあるので、しっかりと確実に差し込んでください。

その後、浮き玉がついているレバーを元の位置に戻して完了です。

ダイヤフラムを交換したら、トイレのフタを閉めて止水栓をひらいてみてください。

トイレタンクへの給水がはじまったら、問題解決です。
これでもタンクに水がたまらない場合は、給水管やボールタップなど、自力で直すことが困難な部分が故障しています。
水道業者に修理を依頼しましょう。
水の110番救急車のサービスについて詳しく知りたい方はこちら

トイレの底の水がたまらない原因は?

トイレの底の水がたまらない場合、原因として考えられるのは、以下の3です。

トイレのタンクに水がたまっていない場合は、タンクへ給水されていないことが原因です。
トイレの底の水がたまらない症状とは異なるので、トイレのタンクに水がたまらない原因を参照して下さい。

タンクに水がたまらない場合は
こちらをクリックしてスクロール

トイレの底の水は、封水と呼ばれています。
この封水は、便器に汚れがつくのを防ぐはたらきや、排水管から上ってくる悪臭や虫の侵入を防ぐはたらきがあります。

この封水の水が足りないと、便器が汚れやすくなったり、排水管からの悪臭がトイレの外まで漏れてしまうことがあります。

封水がたまらない原因を探るには、先程ご紹介した順でチェックしてみて下さい。

短時間でチェックできる順に並んでいるので、原因のチェックにかかる手間を最小限におさえることができます。

それでは、上から順に見ていきましょう。

封水の蒸発・誘引

封水の蒸発・誘引をチェックする方法

一度トイレの水を普通に流してみて下さい。

  • 普通に封水がたまった・・封水が蒸発もしくは誘引が原因です。
  • 封水の水位がまた低い・・トイレのつまりや便器の破損が原因です。
  • 逆に水位が上がった・・・トイレがつまっています。
封水が蒸発・誘引していた場合の対処法
  • 一度トイレの水を流せば完了です。

トイレのつまりが原因の場合
つまりを取り除きましょう!
クリックしてスクロール

便器の破損が原因を考えられる場合は、水道業者やトイレメーカーに修理を依頼しましょう。

クリックで水の110番救急車の詳細を見る

トイレの封水は、蒸発して水位が低くなることがあります。
これは、旅行や出張などにより、家を長期間不在にした場合におこることがあります。

また、アパートやマンションに住んでいる場合に起こる現象があります。
この現象は誘引現象と呼ばれます。

アパートやマンションは共同住宅なので、それぞれの部屋の排水管はやがて1本の排水管へとつながります。
例えば上の階の人が大量に水を流すと、排水管の気圧が急激に下がり、トイレの封水が排水管へ流れ出てしまうことがあります。

トイレの水を流した直後は封水があったのに、しばらくして見たら封水の水位が下がっていた場合、誘引現象が原因である可能性があります。

解決するには、一度トイレを流してみてください。
 

流した後、正常な位置まで封水の水位が上がれば問題解決です。
しかし、あまりに頻繁にこれらの現象が起こるようであれば、管理会社や大家さんに相談してみましょう。

トイレのつまり

封水の蒸発・誘引のチェック方法で、トイレのつまりも判断できます。

トイレがつまっていた場合の対処法
  • お湯を流しましょう。
  • 洗剤とお湯を流しましょう。
  • ハンガーでつまったものを押し出しましょう。
  • ラバーカップでつまりを直しましょう。
  • 真空式パイプクリーナーを使いましょう。
トイレのつまりを直す際の注意点
  • つまりの原因が固形物だったり不明の場合は、水道業者に修理を依頼しましょう。

トイレがつまっていると、封水の水位が下がってしまう場合があります。
なぜかというと、つまり部分に付着したトイレットペーパーなどが封水を吸ってしまい、その分、封水の水量が減るからなんです。

トイレのつまりによって封水がたまらないときは、たいてい軽度の詰まりによるものです。
トイレつまりの解消方法を詳しく説明している記事があるので、そちらを見ながら対処してみてください。

しかし、こちらの対処法で解決できるつまりは、トイレットペーパーなど、排水管に流しても問題ないものがつまっている場合に限ります。

プラスチック製品など、水に溶けないものがつまっている場合は、つまりの原因物を取り出さなくてはいけません。
そのときは、すぐに水道業者へ修理を依頼しましょう。

水の110番救急車へ修理見積もりを依頼する

水の110番救急車は、電話1本ですぐにお伺いし、その場で無料見積もりします。
どの業者に頼めばいいかお困りの際は、ぜひご利用下さいね。

便器の破損

封水の蒸発・誘引のチェック方法で、トイレのつまりも判断できます。

便器が破損していた場合の対処法
  • 水道業者や便器のメーカーに修理を依頼しましょう。

便器そのものが壊れている場合、封水が漏れて水位が下がることがあります。

特に便器がだいぶ古くなっている場合は、便器が破損している可能性が高いです。

便器の破損は、外から見てわかるものとわからないものがあります。

外から見てわかる破損だと、すぐに判断することができますが、外から見てわからない破損の場合は、業者に見てもらって初めて破損に気づくことができます。

便器は古いけど、外から見て便器の破損かどうかは判断できないという場合も、いったん水道業者や便器のメーカーに修理を依頼するのがいいでしょう。

ご依頼する水道業者はどこにしようか?
とお悩みの方は、ぜひ水の110番救急車をご利用下さい。
お電話をいただいてからスピーディに駆けつけ、その場で修理の無料見積りをいたします。
ぜひお気軽にお電話下さいね!
水の110番救急車の詳細を見てみる

まとめ

いかがだったでしょうか。

トイレの水がたまらないという症状には、原因がいくつか考えられます。
それぞれ効果的な対処方法が異なるので、対処する際には、まず原因を明らかにしてから対処しましょう。

原因によっては、自力で問題を解消できる可能性もありますが、自力での対処が難しいケースも多々あります。

その際、ヘタに自力で対処しようとすると、汚水が溢れてしまうなど、症状を悪化させたり、大惨事を引き起こしてしまう可能性があります。

また、放置してしまった場合も、取り返しのつかない大惨事になってしまう可能性があります。
すぐに水道業者へ依頼し、修理してもらうことをオススメします。

トイレのトラブルがあると、私たちはとても大きな不安を抱えながら生活しなくてはいけません。
あなたが1秒でも早く、安心してトイレを使えるときが来ることを願ってやみません。

2020年2月12日

スタッフがすぐに向かいます!

「トイレがつまって…」「水が止まらなくて…」と状況をお伝えください!

スタッフの写真

最短30分で到着!無料相談ダイヤルはコチラ

お電話ください365日年中無休受付:7:00〜24:00

現在、最短30分〜でお伺いします!

さらにWEB限定、工事代金から1,000円割引

対応エリア

※一部対応不可エリアあり。お伺いできない地域もございますので、一度ご連絡ください。