水の110番救急車

各種カード支払い対応
30秒簡単入力、メールで相談する 最短30分で到着!無料相談ダイヤルはコチラ

365日
年中無休

受付
7:00〜24:00

【選ぶ前に確認】トイレつまり依頼で失敗しない!良い業者の見極め方

2020年8月20日

業者選びのポイント

すぐに良い業者を見極める方法をチェック

「トイレのつまりが直らない…業者に頼もうかな」
「でもどんな業者がいいんだろう?」
「業者選びに失敗して、高い料金を払いたくない!」

あなたは今、こんな悩みを抱えていませんか?

こんにちは!
「水の110番救急車」作業員のカワタです。

トイレがつまってしまったら、ものすごく焦ってしまいますよね。
1秒でも早くトイレつまりを解決したいと思っているでしょう。

しかし、いざトイレつまりの業者を調べてみると…たくさんの業者が出てきます。
そんな業者のサイトランキングサイトなどを見て、やみくもに料金や口コミなどを比較し続けるのはかなり時間がかかってしまうはず。

だからと言って適当に業者を選ぶと、悪質な業者に当たってしまうかもしれません。
そうなればあなたが焦っていることにつけこみ、過剰な料金を請求されてしまう恐れがあります…!

あなたが損をしないためにも、優良な業者を最速で見つけましょう

この記事では今すぐ・損をせずトイレつまりを解決したいあなたに、すぐに・失敗せずに良い業者を選ぶ方法をご紹介。
さらに、注意すべき業者の特徴などもお伝えしますので、業者選びに必要なすべての情報をチェックできます!

あなたが納得して業者を選び、一刻も早く清潔で快適なトイレを取り戻していただければ幸いです。
それでは参りましょう!

▶︎今すぐトイレつまりを直すなら「水の110番救急車」

水の110番救急車のポリシー
水の110番救急車のキャラクター
当サイト『水の110番救急車』は、皆様の地元の水道屋さんが加盟する、水まわりのトラブル専門ネットワークです。
「たった今困っているお客様に安心をお届けする」をモットーに、水のトラブルをどこよりも早く解決いたします。
緊急トラブルに最短30分で駆けつけ!
どんな水回りのトラブルも解決!
お見積り確定後の追加料金ナシ!
> 水の110番救急車のサービスについて詳しくみる!

まず本当に業者に頼るべきか?現状把握をしよう

業者選びの方法を見る前に、1つ確認していただきたいことがあります…それは「お金を払ってまで本当に業者に頼るべきか?」ということ。

もしトイレつまりを業者に頼らず自力で解決できれば、1番早くかつ安く解決できるかもしれません。
そんな自力での解決ができるかを見極めるには「本当にトイレつまりか?」「つまった原因はなにか?」を特定するのが大切なんです。

ですから、まずは現状把握をするためにトイレつまりの原因を見ていきましょう。

すぐに業者を決めたい方はこちら

【最初に確認】トイレつまりの原因

そもそも、トイレつまりにはどんな原因が考えられるのでしょうか?
つまりが発生した場合、次の3つの原因が考えられます。

トイレつまりの原因
  • トイレットペーパーなどを大量に流した
  • 水流が少なく流れきれなかった
  • 固形物を流した

それぞれ詳しくご説明しますので、あなたのトイレに当てはまるものを特定しましょう!

トイレットペーパーなどを大量に流した
トイレットペーパー

1つめの原因はトイレットペーパーや便、トイレに流せるシートを大量に流したこと。
トイレつまりでもっとも多い原因でもあります。

トイレットペーパーをはじめとする水に溶けるものは、普段通りに使えばつまりません。

ただ、一度に大量に流してしまうと、水に溶けきれなかったものがトイレの中にどんどん溜まっていきます
すると水の流れ道を塞いでしまい、トイレつまりが起きてしまうんですね。

水量が少なく流れきれなかった
水量が少なく流れきれなかった

2つめの原因は、トイレを流したときの水量が少なく流れきれなかったこと。 

「トイレットペーパーはいつも通りの量を使ったのに、なぜかつまった…」
という方はこの原因が当てはまるんです。

トイレットペーパーを使ったあと「小」で流してしまうと、溶けきれない・流れきれないペーパーが出てきます。
そんなペーパーがトイレの内部でどんどん溜まり、つまりが起きてしまうんですね。

さらに「大」で流したつもりでも、次のような原因で流れる水量が少なくなってしまうこともあります。

もしタンクの部品が壊れていれば、修理する必要があります。
以下の記事でタンク修理の方法をご紹介していますよ!

固形物を流した

3つめの原因はトイレに固形物を流したこと。
水に溶けないような固形物をトイレに流すと、トイレ内部や排水管で引っかかりつまってしまうんですね。

次のような固形物を流していないか、思い出してみてください!

さて、トイレつまりの原因を3つご紹介してきました。
あなたのトイレがつまってしまった原因はわかりましたか?

では3つの原因の中でも、ご自分で修理できるものはどれか見ていきましょう。

自力で解決できる可能性が高いケース

自力でトイレつまりを修理できるのは、次の原因でつまらせたケース。

トイレットペーパーや水に流せる◯◯といった、トイレに流していいものがつまっている場合はご自分で解決できる可能性が高いです!

またトイレつまりでは以下のような症状が現れます。

トイレつまりの症状

こういったトイレつまりの症状は、すぐに対応することでご自分で解決できる可能性が高いです。
以下の記事を参考に、トイレつまり解決に挑戦してみてください!

すぐに業者を呼んだ方がいいケース

一方で、すぐにでも業者を呼んだ方がいいのは以下のケース。

業者を呼んだ方がいいケース

それぞれ詳しくご説明しますね。

自力で解決できなかった

自力で直そうとしてもダメだったなら、すぐに業者を選んで見積もりの手配をしましょう。
なぜなら自力でつまりが直らなかった場合、時間が経っても自然とつまりが直る可能性はほぼなく、悪化する一方だからです。

つまりで水の通り道が狭くなっていると、いつも以上に異物がつまりやすくなります。
すると、問題なく流れるはずのトイレットペーパーでもつまる可能性があるんですね。

さらにつまった異物が、便器の奥にある排水管まで移動してしまうことも!

排水管まで移動した異物を取り出すには高圧洗浄・便器を取り外す作業が必要です。
そのため、費用がびっくりするほど高くなってしまいます…。
自分で処理したくない

トイレのつまりは非常に不衛生です。
自分で直せるとわかっていても、なかなかできるものではありませんよね。

さらに直す作業に失敗すると、つまった汚水がトイレから溢れてしまう可能性もあります。

汚水を見ているだけでも精神的にキツい…なんて方もいらっしゃるはず。

ですので、ご自分で処理したくない方は、素直に業者へ依頼するのがオススメです。

原因が固形物or不明

固形物(スマホやおもちゃなど)がつまっている場合は、基本的に自力で解決することが難しいです。
もしムリに直そうとすると便器や排水管を傷つけてしまう可能性があります…!

また原因が不明なら便器や排水管が劣化している可能性も捨て切れません。

ですので業者によって、原因の特定・適切な修理をしてもらう必要があるんですね。

症状がヒドい

水がまったく流れない異臭がひどいなど症状がヒドいときは、流した水の通り道がすでに完全にふさがっていたり、何か他の重大なトラブルが起きたりしている可能性があります!

このような場合は、あなたひとりで解決するのは非常に難しいです。
すぐに業者に相談してみましょう

さて、ここまで業者に頼むべきかを判断する方法についてご紹介してきました。
参考にしていただけたでしょうか?

続いては業者を選ぶ方法を詳しくご紹介します。
業者選びであなたが損をしないためにも、ぜひチェックしてください!

【3ステップ】失敗しない業者の選び方

お待たせしました!
ここからは、今すぐ失敗せずに業者を選ぶ方法をご紹介していきます。

手順は次の3ステップで進めましょう。

今すぐ失敗せずに業者を選ぶ方法
  1. 電話で問い合わせる業者を複数ピックアップ
  2. 対応日時とおおよその費用を聞いて保留する
  3. 業者を比較し、希望の条件に近い方に来てもらう

「時間をかけてもいいから、じっくりと最適・最安値の業者を選びたい!」
という方は、正直この選び方を不安に思われるかもしれません。
しかしそのような条件の業者を探すには、時間がかなりかかってしまうんです…。

これからご紹介する方法なら、損してしまうような業者はしっかり避けつつ、納得して頼める業者を選べます!

では、それぞれの流れとポイントをお伝えしていきますね。

ステップ1 電話で問い合わせる業者を複数ピックアップ

まずはサイトの情報などから、業者を複数絞り込みましょう。
だいたい2〜4つほどの業者に絞り込めば、あとで決めるのがラクになります

ここで業者を絞り込むとき、絶対にチェックしてほしいポイントは次の6つ

  1. できるだけ早くきてくれるか
  2. 使っているメーカー・住んでいる地域に対応しているか
  3. 無料見積もりと記載されているか
  4. 見積もり後に料金を変更しないか
  5. つまりの原因を説明してくれるか
  6. 運営会社はどこか
以上の6つのポイントをしっかりと確認すれば、基本的に悪質な業者には当たりません!

それぞれ詳しくご説明しますね。

できるだけ早くきてくれるか

サイトを見るときは「最短何分で家にくるのか」確認しましょう。
時間は1時間を基準にチェックするのがオススメ!

すぐにきてトイレつまりを直してくれれば、不衛生な状態からすぐに解放されますし、トイレが何時間も使えないという不便な思いをせずに済みます

ちなみに全国の対応エリアに作業員がいる業者であれば、すぐにお家にきてくれる可能性が高いです!

依頼が重なるなどの理由ですぐに対応できない場合は、サイトに書かれた時間よりも到着が遅れてしまうことがあります。
使っているメーカー・住んでいる地域に対応しているか

いくら時間をかけて業者を選んでも、あなたのお家のトイレを直せない業者なら意味がありません。

お住まいの地域や、設置しているトイレのメーカーに対応しているかどうかを確認しましょう。

無料見積もりと記載されているか

サイトなどを見るときは、無料見積もりと記載されているかどうかチェックしてください!

業者はあなたのお家に到着すると、まずトイレの状況を確認し、作業費用の見積もりを出します。
ここで想定していた費用実際の見積もり費用が大きく違っていれば、キャンセルして業者に帰ってもらうことになるでしょう。

もし見積もり作業にお金がかかるなら、キャンセルするのにお金を払う必要があります
直してもらえないのにお金を払うなんて、損した気分になりますよね…。

キャンセルすることも見越して、「無料見積もり」かどうかをチェックしましょう!
見積もり後に料金を変更しないか

同業者としては悲しいことですが…業者とのトラブルとして、見積もりに入っていない料金をあとから請求されたと言う話をお客様からよく聞きます。

見積もり後の料金変更がないことを明記している業者であれば、あとから追加で費用を請求されないので安心です。

つまりの原因を説明してくれるか

またトラブルになってしまう業者は、トイレつまりの原因をうやむやにして、必要のない費用を請求してくるという話をよく聞きます。

その点、きちんと原因を事前に説明してくれる業者なら、事実にもとづいて費用を見積もってくれるので安心できますよね。
仮に高い修理費用が必要になったとしても納得感が強くなるでしょう。

運営会社はどこか

業者の運営会社は、少人数の小さな会社から上場している大きな企業まで幅広く存在します。

もちろん有名な会社であれば安心感はありますよね
ただ、だからと言って大きな企業がいいというわけではありません…。

当社にご依頼いただいたお客様からは、「以前有名な会社にお願いしたときひどい対応をされた」なんて愚痴を言われることもしばしば。

かと言って小さな会社も、ピンからキリまでたくさんあります。

運営会社の概要やサイトを見て、所在地・連絡先・どんなモットーやポリシーで営業しているのかをチェックしてみましょう!
必要な情報を丁寧に書いていて、かつ誠心誠意対応していると感じられる会社であれば問題ありません。

費用相場はいくらくらい?

業者にトイレつまりの修理を頼むとなると、どうしても気になるのが費用
できるだけ出費は抑えたいですし、損もしたくないですよね!

そんな業者に頼むとかかる費用の相場は、だいたい「20,000円〜」です。

ただ「だいたい」「前後」と言っているように、費用相場はコレ!と明確に言うのはかなり難しいんです。

なぜなら、トイレつまりの修理費用は原因・状況によって左右されるから。

例えば当社の場合、トイレつまりの作業費を2,200円から(※部材費・基本出張費用別)としております。
ただこの費用は軽度のつまりだった場合で、実際は重度のつまりで作業費がもっとかかるケースが多いんですね。

原因となっている異物つまりの箇所によって大きく作業内容・費用が違うため、このように表記にせざるを得ないのです。

ですので、まずは電話で問い合わせて症状を伝えましょう
いきなり電話するのは抵抗があるかも知れませんが、電話すれば大まかな費用を教えてもらえる可能性があります。

また、口コミサイト比較サイトの情報を参考にする場合は、必ずそのサイトの運営会社や評価の根拠などもチェックしてください!
サイトの情報が信頼できるか見極めることで、業者選びで失敗するリスクをより減らせます。

[+] もっと詳しく

ステップ2 対応日時とおおよその費用を聞いて保留する

メモと電話

問い合わせる業者を複数ピックアップしたら、さっそく問い合わせてみましょう!

電話する際は、以下のように伝えてください。

電話での問い合わせ方
  • トイレがつまったので、直してほしいと伝える
  • 症状や対策したこと、経緯などを詳しく伝える
  • いつ見積もりに来てもらえるか聞く
  • 修理にかかる大まかな費用を聞く
  • 検討中の業者があるので、もう一度連絡すると伝える

ポイントは、1件の電話ですぐ決めずに、あなたが主導権を握って「検討する」と伝えることです。

1件電話してみて「おっ!良さそうじゃん!」と思ったら、ついついその1件の電話で決めてしまいそうになるかもしれません。

しかし、後から「もう1件の方が安かったんじゃないか」といった後悔が生まれないよう、ピックアップした複数の業者に問い合わせましょう。

ステップ3 業者を比較し、希望の条件に近い方に来てもらう

作業員

ピックアップした業者から対応日時と費用を聞き出したら、あなたが希望する条件に近い業者に連絡して、見積もりに来てもらいましょう
もちろん、すべての業者に来てもらって見積もりをとってもらっても構いません。

見積もりの内容に納得したら、作業を依頼してください。

このとき、目安として聞いていた費用より大幅に高くなってしまうことがあります。

どのようなときにそうなってしまうのでしょうか?
例えば、業者の想定よりもつまりの程度が深刻で、高圧洗浄が必要だったり、便器を取り外しての大がかりな作業が発生する場合です。

このような場合は原因や見積もり金額について業者に説明してもらい、納得できない場合はキャンセルしてしまっても構いません。

しかし、ステップ1と2で絞り込んだ業者であれば、大きく損をしてしまうような業者である可能性は低いです。
そのため他の業者に依頼したとしても、結局同じそれ以上の費用がかかってしまう可能性が高いでしょう。

トイレつまりは緊急性が非常に高いことだと思いますので、ある程度費用がかかってしまうのは覚悟して依頼した方がいいかもしれません。

作業が終わったら、ようやくトイレつまりが解決!
また今までのように、つまりを気にすることなく安心してトイレを利用できます

さて、ここまで業者選びの方法をご紹介してきました。
最短・最速で選んでいただけるかと思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

一方、業者の中には注意すべき悪徳な業者もいます。
もしそんな業者にトイレつまりの修理を依頼してしまえば、高額な費用を払うことになるかもしれません…!

ですので、続いては注意すべき業者をご紹介していきます。

こんな業者に注意!

注意

残念ながら、業者の中にはお客様を第一に考えず、お金を稼ぐことしか考えていないような悪徳なものもいます。
これから注意すべき業者の特徴をご紹介しますので、業者選びの参考にしてくださいね。

無料に見せかける

サイトなどで「見積もり無料!」と謳っていながら、実際に頼むと「見積もり費用が発生します」と言ってくることがあります。

そういった業者は、料金表などの注釈に小さい文字「見積もり費用が発生します」と書いている可能性が高いです。
あなたが損しないように、業者選びでは隅々までチェックしましょう。

電話で「見積もりは本当に無料か」聞いてみるのもオススメです。

事前に正確な見積もりを出さない

トイレつまりの現状を確認したあとに「作業してみないとわからない」と言って、費用を確定せずに作業しようとする業者がいます。
このような業者には絶対に依頼しないようにしてください!

見積もりを出さないということは、費用の請求も言い値で決められてしまうことにつながります。
そのため、相場よりも高い費用を請求され、あなたが損してしまう可能性がグッと高くなるんですね。

ですので、業者を見るときはしっかりと事前に見積もりを出すか確認しましょう。

契約するよう脅してくる

業者からもらった見積もり費用が満足いかない場合、キャンセルすることもあるでしょう。
すると業者が次のように言ってくることがあります。

「放っておけば大変なことになりますから、絶対に今作業しましょう!」

もちろん親切心で言うような信頼できる業者もいます。
ただ、何も説明せずにひたすら焦らせ、作業を強引に進めようとする業者は怪しい可能性が高いです。

信頼できる業者であれば、なぜ放置すると危ないのか・どんな対策は必要なのか・すぐに修理するメリットやデメリットはなにかを、わかりやすくハッキリと伝えてくれるはずです。

もし危機感だけを煽ってくるようであれば、丁寧に断り、別の業者に見積もりをとったときに相談することをオススメします!

水道局から派遣されたと偽ってくる

業者選びの候補の中には、以前営業してきた業者が選択肢に入っているかもしれません。

そんな業者からもらったチラシには、次のような言葉が書かれていませんか?

「地域一帯作業中」「点検無料」「期間限定割引」

チラシの見た目など、あたかも水道局・行政に依頼されたかのように謳っています。
実はこういった業者が近年問題となっているんです。

カンタンな作業で終わるトイレつまりにも関わらず、便器・排水管の交換といった工事を勧めてくるトラブルが起きています。
(参考:悪質な水道修理業者にご注意を!! | くらしと水道 | 東京都水道局

さらに最近は、「水道に新型コロナウイルスが混入している」などと偽ってくる業者もいるようです。 

水道会社の社員を名乗る者から「コロナウイルスが水道管についているので洗浄した方がよい。後程、担当者から連絡させる」と電話があり、10分後、担当者を名乗る男から「除去するのに10万円かかる」などと再度電話があった。
(引用:新型コロナウイルスに便乗した不審な業者や悪質商法等にご注意ください | 八尾市

もちろん営業してくる業者の中には、確かな技術を持っているプロもいます。
ですので「本当にこの業者は信頼できるのか?」を見極めるよう、慎重に業者を選びましょう。

ここまで怪しい業者の特徴をご紹介してきました。
業者選びで失敗しないよう、特徴に当てはまっていないかしっかりと確認していただければと思います。

一方で契約したあとに怪しいと気付いたり、押し切られて契約してしまったりする場合もあるかもしれません。
すると怪しい業者の場合、「もう解約できません」と言われてしまう可能性があります。

そんなときに、あなたが損しないためにもどう対処すればいいのかご説明しますね。

「解約できない」と言われたときの対処法は?

「すでに契約済みですから、解約できません」
そんなことを言われたら、諦めるしかないのかな…と思ってしまいますよね。

ですがご安心ください。
これからご紹介する2つの対処法をすれば、解約できるチャンスがあります。

「解約できない」と言われたときの対処法

ぜひ参考にしてくださいね!

消費生活センターに相談

1つめの方法は、消費生活センターへの相談です。

そもそも消費生活センターとは「消費者からの相談を相談員が受けつけ、公正な立場で処理」している行政機関。
下の参考欄から詳しい内容を見れますので、気になる方はチェックしてみてください。
(参考:全国の消費生活センター等_国民生活センター

公的な機関ですから、安心して相談できますよね。

市外局番なしで「188」に電話すれば、最寄りの消費生活センターにつながります!
どんな業者に・どんな内容で契約し・どんなことでトラブルになっているのかを相談してみましょう。

もし業者が同席していたり、夜に電話したりする場合は「消費生活センターに確認して、支払い義務があれば支払う」ことを伝え、いったん帰ってもらうようにしてくださいね。

警察に相談

2つめの方法は、警察への相談です。

明らかに業者に言っていることがおかしかったり、支払うよう脅されたりした場合は、警察に相談しましょう。
なぜなら、脅す行為は「強要」「恐喝」などに当たる可能性があるから。

ただ、警察に相談となると緊張するかもしれません…。
ですが感情的にならず、冷静に相談すれば適切に対応してくれるはずです!

「水の110番救急車」もトイレつまりのご相談を承っております

ここまで、最短・最速で失敗しない業者選びの方法などをお伝えしました。
あなたが損しないためにも、しっかりと業者を選んで修理してもらいましょう!

しかし、もしあなたが「今すぐにトイレつまりを直してほしい!」とお考えであれば、ぜひわたしたち「水の110番救急車」にご相談ください。
ご依頼いただいた方のご要望を第一に考え、悩みを解決させていただきます。

作業員

これまでもトイレつまりを修理してきたことで、以下のようなご感想をいただきました。

子どもがトイレを詰まらせてしまい、スッポンを使ってもどうにもならなかったので電話しました。
けっこう奥の方でひどいつまり方をしていたみたいですが、高圧ポンプでスッキリ流していただき、元どおりに直してくれました!ありがとうございました。

神奈川県 I.H様

夜中にトイレが突然つまって焦ったのですが、電話をしたらすぐに来てくれて、20分ほどで直してくれました。
来てくれたのは若い男性の方で、清潔感があって、話し方もしっかりとしていて、安心してお願いできました。作業も丁寧でした!

東京都 E.K様

また参考までに、「水の110番救急車」の特徴や費用をまとめました。

作業費 2,200円〜(※部材費・基本出張費用別)
ご相談・見積もり 無料(特殊な作業が必要な場合、現場調査費をいただく場合がございます)
お伺いにかかる時間 最短30分
作業時間 最短15分
アフターフォロー 1週間以内の再トラブルに無償対応
対応メーカー 国内メーカー全対応
受付時間 7:00〜24:00

対応地域は以下の通りです。

ご依頼くださったときは、あなたに満足していただけるよう、全力で作業させていただいます!
ぜひお気軽にご相談していただき、トイレの現状をお話ください。

▶︎水の110番救急車についてもっと詳しく知る

まとめ

トイレ

ここまで記事を読んでいただき、ありがとうございます!

トイレつまりの解決は一刻を争うため、すぐに優良業者を見つけ、依頼しましょう。

以下の手順で業者を絞り込めば、どう比較すればいいかわからず、時間だけが過ぎていく状況を打破できます。

  1. 電話で問い合わせる業者を複数ピックアップ
  2. 対応日時とおおよその費用を聞いて保留する
  3. 業者を比較し、希望の条件に近い方に来てもらう
少なくともあなたが損をしてしまうような業者は回避できます!

以上「水の110番救急車」のカワタでした!
この記事を最後まで読んでくれたあなたが、1秒でも早く清潔なトイレを取り戻せるよう願っております。

2020年8月20日

スタッフがすぐに向かいます!

「トイレがつまって…」「水が止まらなくて…」と状況をお伝えください!

スタッフの写真

最短30分で到着!無料相談ダイヤルはコチラ

お電話ください365日年中無休受付:7:00〜24:00

現在、最短30分〜でお伺いします!

さらにWEB限定、工事代金から1,000円割引

対応エリア

※一部対応不可エリアあり。お伺いできない地域もございますので、一度ご連絡ください。