突然の水のトラブル!!今すぐ駆けつけ、緊急対応!!
お見積り・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ 0120-555-527

詰まりを元から取り除く!台所の排水管掃除方法

あなたは、「お皿洗いをしていたら急に排水口が詰まってしまった…!」という状況でお困りではないですか?

排水口のカバーを外して、ゴミ受けや排水トラップを見ても問題なさそう。

そんな時は、排水管で詰まっているかもしれません。
排水管を取り外し、直接排水管を見てみましょう。

もし排水管で詰まっているようであれば、排水管を掃除すれば、直るかも…!

今回は、台所の排水管の掃除方法についてお話します。

実は油汚れでベッタベタ、台所の排水管の詰まる原因

なぜ、排水管が詰まってしまったのでしょうか?

台所の水道は、お皿洗いのときによく使用しますよね。
その洗っているお皿から流れていく、
・油
・食材カス
・洗剤カス
・つまようじ
といったものが詰まりの元となり、排水管は詰まっていきます。

日々流す油でもどんどん排水管は詰まっていく

詰まる原因のほとんどは油。

油はベタつきがあるし、水にも溶けないので、そう簡単に流れません。
日々流している微量な油でも、排水管にたまっていくのです。

その微量な油が冷えて固まる…を繰り返し、排水管を塞いでしまうのです。

固まった油に食材カスや洗剤カスなどが付着し、どんどん詰まりが悪化していきます。

つい流しがちな食材カスや異物は詰まりを大きくする

野菜を洗ったり皮むきしたりする時につい流しがちな、野菜の皮や種。
気付かずうっかり流してしまうつまようじや竹串。

こうした食材カスや異物も詰まる原因になります。

先にも言ったように、固まった油に食材カスや異物が付着し、詰まりが悪化するのです。

目の細かいネットを使用するなどして、排水口に食材カスを流さないようにすることが必要です。

詰まりの原因排除!排水管を取り外して丸洗い

排水口が詰まってしまった…その原因は排水管にたまった油かも。

固まった油などの詰まりの元を取るために、排水管(排水ホース)を取り外してまるっと洗ってしまいましょう。

ただし失敗すると、排水管をうまく元に戻せなくて水漏れの原因に…という可能性もあるので、気をつけてくださいね。
自信がない場合には、はじめから業者にお願いしてしまう方が良いかもしれません。

用意する物

・歯ブラシなどの柄の長いブラシ
・アルカリ性洗剤(油汚れ用洗剤)
・ゴム手袋
・バケツ
・ワイヤーハンガー
・タオル
・ティッシュ

用意するものはこちら

汚れを落とす時のブラシとして、使い古した歯ブラシなどを使用します。
柄の長いブラシが他にあれば、そちらも合わせて使用するといいですよ。

油汚れにはアルカリ性洗剤を使用します。
市販の油汚れ用洗剤を使うといいですね。

アルカリ性洗剤は素手で触れると皮膚が溶けることがありますので、ゴム手袋を着用して掃除しましょう。
ゴム手袋は、天然ゴムのものだとアルカリ性に弱く溶けてしまうので、必ず合成ゴムのものを使用してくださいね。

事前準備

はじめに、誤って水を流さないよう、水を止めておきましょう。
止水栓や元栓を閉めておきます。

このとき、作業が終わったときに元に戻せるように、もともとどの程度まで開いていたのか覚えておきましょう。

掃除方法

1. 排水管を外します。

排水管を外す

一般的にネジ式の排水管が多いと思います。
排水プレート、防臭ゴムと外していき、ナットを緩めて外します。

排水管の接続部分…すごく汚れていますね。

排水管の接続部分の汚れ

2. バケツにぬるま湯(40〜60度)を入れ、排水管を1時間浸け置きします。

ぬるま湯に排水管を浸け置き

油は固まっているので、ぬるま湯で柔らかくしてから洗います。
このとき熱湯は使用しないこと!
排水管は60度くらいが使用限度なものが多いようですので、40〜50度くらいのゆるま湯にしましょう。

3. 洗剤をつけ、ブラシで排水管の中を洗っていきます。

洗剤とブラシで洗う

ブラシでゴシゴシとあらっていきましょう。
完全に油で穴が塞がっている場合には、ワイヤーハンガーなどを使用して油を削りつつ落としていきます。

4. 水でよく流し、排水管の水気をある程度拭き取ります。

水でよく流す

排水管は洗剤を残さないよう水でよく洗い流しましょう。
排水管を元に戻す前に、排水管の特に外側の水気は拭き取っておきます。

5. 排水管を元に戻します。

排水管をはめる

取るときとは逆順に、ナットからつけて、防臭ゴム、排水プレートとはめていきます。

6. 水を流して、水漏れがないか確認します。

ティッシュで水漏れの確認

閉めていた止水栓・元栓を元に戻し、水を流しながら排水管のつなぎ目から水漏れがないか確認します。
ティッシュを使用して、水が漏れていないか確認しましょう。

詰まりが改善されなければ業者に相談を!

排水管を外して掃除しても直らないときには、もっと奥の方が詰まっています。
奥まで自力で掃除することは難しいので、さすがにお手上げ。
業者に相談した方が解決は早そうですね。

自分で頑張って詰まりを直そうとして、逆にちょろちょろと流れていたのが完全に詰まってしまっては何も言えないですよね。
無理そうだと思ったときには、業者にみてもらうのが一番です。

私たち水の110番救急車でも、台所の排水管詰まりのトラブルに対応しています。
困ったときには、お気軽にご相談くださいね。

排水管詰まりを防ぐ方法

詰まった排水管の掃除、排水管を取り外して隅々まで洗うの、結構大変ですよね。
詰まらせることがないのが一番。

排水管詰まりを防ぐ方法をお話します。

詰まりの元凶、油と食材カスは極力ゴミ箱へ!

はじめにお話したように、排水管詰まりの原因はほとんどが固くなった油です。
使用した油は固めたり、キッチンペーパーで拭き取ったりしてゴミ箱へ捨てるよう心がけましょう。

食材カスも、油にくっついて詰まる原因になりがち。
排水口のゴミ受けに目の細かいネットを設置するというような、小さいカスも流さない工夫をしましょう。

詰まりの予兆があればすぐ掃除

・排水速度が遅い
・シンクに水がたまる
・水が流れるときにボコボコというような音がなる

このようなときは、詰まり気味な合図。

排水管詰まりを防ぐためには、「悪臭やぬめりを感じた」「詰まり気味だ」と感じたときに早めに掃除をすることが大切です。

排水口の掃除と共に、今回紹介した排水管の掃除も試してみてはいかがでしょう?

できれば、市販の液体パイプクリーナー洗剤を定期的に使用して、汚れを落としておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

台所の排水管詰まりは、固まった油が原因。
油に食材カスや異物がくっついて、詰まりはどんどん悪化。
日々暮らしているだけでも、詰まりは突然訪れかねません。

排水管が詰まったら、排水管を取り外して洗ってしまいましょう
ただし、これは自信のある人のみ行うこと!
下手するとうまく排水管が戻せなくて水漏れということもありえます。

自信がない方や洗ってみたけど詰まりが直らないという方は、業者に一度みてもらいましょう。

私たち、水の110番救急車でも、台所の排水口詰まりをお直ししています。
排水管の奥が詰まっていそうだという場合でも、素早く原因追及し何で詰まっているのか丁寧にご説明し、ご納得いただいた上で作業に入ります。
1日に何回も使用する台所の排水口、私たちが早く・確実に・丁寧にお直しします。

排水口詰まりのトラブルでお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね。

ホームページから相談する。すぐ折り返しご連絡します LIXIL,INAX,TOTOなど、どんなトイレも対応可! 施工の流れ ご存知ですか
このページのトップへ

Copyright© 水の110番救急車 All Rights Reserved.