突然の水のトラブル!!今すぐ駆けつけ、緊急対応!!
お見積り・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ 0120-555-527

これで解決!トイレの水が止まらない時の直し方

「トイレの水が、チョロチョロ流れ続けて、止まらない!」

トイレのトラブルは、ある日突然やってきます…! トイレが故障したり、使えなくなったら大変ですよね。誰もが、「1分でも早く直したい!」と思うはず。
でも、初めての事態で、どうしたらいいのかわからない…。

そこで、この記事では「トイレの水が止まらない」時の対処方法・自分で直す方法をご紹介しています。
原因はいくつかありますが、それぞれの対策が載っています。だから、あなたのトラブルに合った解決方法を見つけることができます。

  • 「自分で直したいけど、具体的な修理のやり方がわからない」
  • 交換する部品が、どれなのかわからない」
  • 「放っておくと、水道代がかかるので、早く直したい」

こんな風に悩んでいる方は、ぜひこの記事を参考にして、トラブルを解決してください!

目次

トイレの水が止まらない時に、まず最初にやることはコレ

トイレの水が止まらない! そのことに気がついたら、まず最初にやるべきことがあります。それは、この2つのことです。

  • 止水栓を止める
  • トイレタンクのふたを開けて、タンク内の状態を確認する

まずは、元栓である止水栓を止めます。
止水栓は、水道管からトイレに運ばれてくる水を止めたり、水量の調整をする元栓です。
止水栓を止めれば、とりあえず水は止まります。また、修理中に水があふれることもありません

止水栓の止め方

止水栓の場所と、閉め方

【フィルターが無い止水栓タイプ】

フィルターが無い止水栓 止水栓の開け閉め方向

【フィルター付き止水栓タイプ】

フィルター付き止水栓 開閉金具で回す マイナスドライバーで回す

※アドバイス
ドライバーは「押しながら回す」ように使うと、上手く回ります!

止水栓が見つからない/固くて回せない時

止水栓がタンクの近くに見当たらなかったり、固くて回せない時は、家屋全体の元栓(元水栓)を閉めましょう。
元水栓は、水道メーターの近くにあります(※種類によって場所や形は違います)。右にまわすと閉まります。

戸建住宅
自宅の敷地内の地面

戸建住宅の場合メーターは地面にあります

集合住宅
玄関の横のパイプシャフト(水道メーターや配管が入っている)の中

集合住宅の場合メーターはパイプシャフトの中です

トイレタンクの、ふたの開け方(外し方)

止水栓(もしくは元水栓)を止めたら、タンクのふたを開けます。丁寧に、ゆっくりと開けてくださいね。そして、タンクの中をチェックします。
もし、洗浄剤や節水するためのペットボトルなど、異物や余計な器具があったら取り除きます。

手洗い蛇口つきタンク

種類別に、開け方を紹介します。

【金属パイプでつながっているフタ】

フタを垂直に持ち上げる

手洗い管がタンクの隅に付いているタイプ。
ボールタップから伸びた金属パイプが、手洗い管につながっている。フタを垂直に持ち上げると外れる。

【蛇腹ホースでつながっているフタ】

じゃばら管のナットを回す ナットを左に回すと外れます

ボールタップと手洗い器が、蛇腹ホースでつながっているタイプ。
ナット(フタ側に付いていることが多い)をゆるめて外す。ナットがない場合は、持ち上げれば外れる。

【ゴム性のホースでつながっているフタ】

バンドをゆるめて外す

ゴムホース(フタ側に付いていることが多い)のバンドをゆるめて外す。

【その他のトイレタンク】

垂直に持ち上げるだけで簡単に外れる

最近のトイレタンクのフタは、垂直に持ち上げるだけで、簡単に外れるものが多い。

手洗い蛇口なしタンク

このタイプは、フタがのっているだけの構造です。
垂直に持ち上げれば、簡単に外れます。

蓋を垂直に持ち上げれば簡単に外れます

トイレタンクの中を見れば、水が止まらない原因がわかる

トイレタンクのフタが外れたら、次はタンク内部をチェックします。このタンクの中にこそ、「トイレの水が流れ続けて止まらない」原因があるんです!

タンク内部には、さまざまな部品が使われています。原因を突き止めたり、修理する時のために、タンク内の構造と各部品の名称を理解しておきましょう。

タンクの仕組みと部品名

タンクの部品名

ボールタップ

水が流れて浮玉が下がると給水、水が溜まって浮玉が上がると水を止める。

オーバーフロー管

ボールタップが壊れた時などに、タンクの外へ水があふれ出るのを防ぐために、便器とへ水を逃がすための管。

フロートバルブ(ゴムフロート)

丸いゴムの栓。これが開閉することで、タンク内の水が便器へ流れたり、止めたりする役目を果たす。レバーハンドルと連動する鎖とつながっている。

止水栓

タンク内への水を止めたり、水の勢いを調節する栓。

さて、タンク内部の構造・部品がわかったら、水が止まらない原因を突き止めていきます!

タンクの中の水位を確認する方法

【タンクの水位確認の手順】

まずは、タンクの中の「水位線」より、水が「下にあるか」「上にあるか」を確認してください。水の位置によって、直し方は異なります。

↓「水位線」のチェック↓

タンクの中の水位線

水位線よりも、水が上にある場合の直し方

【浮球を持ち上げると、水が止まる】

解決方法
タンク内の水位を調整する

チェックポイント
・作業前に、止水栓(元栓)を閉める!

必要な道具
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ

直し方
1 レバーハンドルを少しずつ回して、水を抜いていく。
2 タンク内の水位を、標準水位(パイプに書かれた線)に合わせる。

標準水位は、オーバーフロー管に書かれてある「WL」の線です。表示がない場合は、「管の先端(一番上)から2〜3センチ下」でOKです。
水位の調整方法は、ボールタップの種類によって違います。ボールタップの形や型番をしっかり確認して、正しい方法で調整してください。

WLの線

★水位調整リングがあるボールタップ

  1. 水位調整リングを上に上げて、ロックを外す
  2. 水位が高い時は、左方向に回す(反時計回り)と水位が下がる
  3. 調整が終わったら、調整リングを下げて、ロックする
水位調整リング 左方向に回す

★水位調整リングがないボールタップ

  1. 水位が高い=浮玉の棒を下に曲げる。水位が低い=上に曲げる。
    ※ボールタップが折れないように、棒の真ん中から少しずつ曲げます。棒の付け根から曲げようとすると、折れてしまうので注意しましょう。 棒の真ん中から少しずつ曲げます
  2. 曲げた後、棒の元のネジ(ロックナット)を締めます。ナットを締めないと浮玉が回ってしまい、水位が上がってしまいます。 ロックナットを締めます。

★浮玉が球形ではないケース

手で浮玉を回します。

  • 水位が高い=(上から見て)右回し
  • 水位が低い=左回し。

浮玉のレバーの根元を、手で抑えておくと回しやすいです。

手で浮玉を回します

3 調整後、止水栓を開けて、水位を確認する。

手で浮玉を押し下げて、止水栓を少しずつ開きます。水面が、オーバーフロー管よりも1cm以上、上にならないように調節してください。

オーバーフロー管よりも1cm以上上にならないように調節

【注意!】
・手洗いにつながっている管(接続管)から水が飛び散らないように、手やコップで抑えながら止水栓を開けてください。
・接続管やじゃばら管も、手で下向きに抑えてください。

コップなどを手で持って手洗い連結管を覆う 接続管を手で抑える じゃばら管の先端を手で下向きにしておく

4 タンクのふたを閉めます

※直らない時は、以下の「ボールタップの部品を交換する」をご覧ください。

【浮球を持ち上げても、水が止まらない】

解決方法
ボールタップの部品を交換する

チェックポイント
・作業前に、止水栓(元栓)を閉める!

必要な道具
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ
・ラジオペンチ

1 レバーハンドルを、少しずつ回して水を抜いていく。
2 ボールタップのバルブを取り外す

  • ボールタップをおさえながら、タンクの外の袋ナットとツバ付きナットを外す
  • 外側の管が外れたら、ボールタップをタンクの内側に引っ張って、引き抜きます
  • ※パッキンが劣化している場合は、交換しましょう。
フィルターが入っていないタイプもあります

3 ボールタップのバルブを交換する

  • 蝶ねじ2本を左に回して、ボールタップを分解します。ピストンバルブを取り出して、新しいものに交換します。
  • ピストンバルブを取り出す

4 バルブをもとに戻す

  • 交換したバルブをボールタップに差し込みます。
  • 蝶ねじを右に回してボールタップにバルブを固定します。
  • ボールタップをタンクの内側に取り付けます。
  • ボールタップを抑えながら、タンクの外側に袋ナットとツバ付きナットを取り付けます。
バルブを元に戻す

5 止水栓を調整します。
6 タンクのふたを閉めます。

水位線よりも、水が下にある場合の直し方

【水を流すレバーを回すと、元に戻ってしまう】

解決方法
タンク内のチェーン・フロートバルブの交換

チェックポイント
・作業前に、止水栓(元栓)を閉める!

必要な道具
・マイナスドライバー

★フロートバルブが外れていたら、はめ直す

  1. フロートバルブの弁が外れていたら、正しくはめ直します。
    フロートバルブに繋がっている鎖の形状や種類は様々ですが、作業手順は同じです。
    はめ直して正しくセットされて、水が止まれば、部品の交換は不要です。

    リング状の鎖の場合は2輪ほど、玉鎖の場合は4玉ほどたるませます
  2. 水位を確認します。レバーハンドルを回して、水の流れも確認します。
  3. 止水栓を調整します。
  4. タンクのふたを閉めます。

※これでも直らない時は、フロートバルブやパッキンに原因がある可能性が高いです。フロートバルブ(=ゴムフロート)とパッキンを交換します。

「ゴムフロートが外れている」以外の、主な原因はこちら

  • ゴムフロートにゴミが付いている。
  • ゴムフロートが劣化している。

→ゴムフロートを交換しましょう。
※手で触って、黒い汚れが付く場合も交換のサインです。

・ボールタップのパッキンが傷んでいる。
→パッキンを交換しましょう。

★フロートバルブの交換方法

止水栓を締める。

レバーハンドルを回して、タンクの中の水を流す。

古くなったフロートバルブを外す。

【フロートバルブの外し方・取り付け方】

取り外し方手順
  1. オーバーフロー管の元の接続部分から、フロートバルブを外す
  2. クサリの上部のフックを、アームから外す
古いものと新しいものを並べます

・古いフロートバルブとチェーンをまっすぐ置き、横に新しいフロートバルブとチェーンを並べる。同じ長さ(高さ)になるように調整して、フックを付ける。
・新しいフロートバルブとチェーンを取り付けます。

【水を流すレバーを回すと、レバーが元に戻らない】

解決方法
レバーハンドルの交換

チェックポイント
・作業前に、止水栓(元栓)を閉める!

必要な道具
・マイナスドライバー
・モンキーレンチ

  1. タンクから水を抜きます。
  2. タンク内のハンドルの先に付いてるチェーンを外します。ハンドルを固定しているナットを外し、ハンドルを引き抜きます。
  3. 新しいハンドルを、外からタンクに差し込みます、パッキンと、ナットを取り付けます。このとき、ハンドルの突起が上になるように取り付けます。
  4. チェーンを取り付ける。突起が2個あるほうを真上に取り付ける
  5. 止水栓を調整します。
  6. タンクのふたを閉めます

まとめ

トイレの水が止まらなくなる原因は、大きく4種類あります。
しっかりと手順を追って対処すれば、水漏れを直せます。

  1. まず、タンクのふたを開ける
  2. 止水栓を止める
  3. タンク内部の水位を確かめる
  4. 水位が高い→浮玉を持ち上げて確かめる
    水位が低い→水を流すレバーを回して確かめる
  5. 症状別に対処して、止水栓を調整する
  6. フタを元どおりにかぶせる

慌てずに、まずは止水栓を止めましょう。その後、落ち着いて作業していけば大丈夫です。

どうしても、修理や交換が上手くできない時は、プロの専門業者に頼みましょう。

水の110番救急車は、施工実績9万件以上の実績があり、緊急対応してくれる水道修理屋さんです。到着まで最短30分、修理作業自体のスピードも早いと評判です。

お見積り、相談も無料なので、トイレの水が止まらないトラブルでお困りの方にオススメです。
詳しくはこちらからどうぞ。

ホームページから相談する。すぐ折り返しご連絡します LIXIL,INAX,TOTOなど、どんなトイレも対応可! 施工の流れ ご存知ですか
このページのトップへ

Copyright© 水の110番救急車 All Rights Reserved.