突然の水のトラブル!!今すぐ駆けつけ、緊急対応!!
お見積り・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ 0120-555-527

トイレレバーが戻らないのは換え時のサイン!トラブルの原因と直し方

トイレのレバー

「トイレのレバーが戻らなくて水が止まらない…!」と焦ったことはありませんか?

その後トイレのレバーを元の位置に戻したら水が止まってほっと一息…、なんて経験が私にもあります。

トイレのレバーは普通なら自然と元の位置に戻るものですから、トイレのレバーが戻らないという症状が出るのは何かしらがおかしくなっているサイン
原因を追及して、直してあげなければなりません。

日常的に使うトイレを流すレバー、スイッチにもあたるレバー部分が壊れてしまったら大変ですよね。

放っておくと、戻らないならまだしもレバーが回らなくて、トイレが流せない!なんてことになるかも…。

そうならないためにも、今回は、トイレのレバーが戻らない、空回りする、といったトイレレバートラブルの原因と直し方についてお話しします。

なぜレバーを回すと水が流れるの?

レバートラブルの原因や直し方を知る前に、まず、水が流れる仕組みについて知っておきましょう。
仕組みを知っていれば、どこが悪いのか検討もつけやすくなりますよね。

トイレタンクの中身

トイレタンクの中身は、以下の図のようになっています。

トイレタンクの中身

これだけ見ても何がなんだか…という感じですよね。
水が流れる仕組みを見ながら、タンクの構造を理解していきましょう。

レバーを回すと水が流れる仕組み

トイレレバーを回すと、レバーに付いている鎖が引っ張られます。
そして鎖の先にあるゴムフロートバルブが開き、水が便器に流れていきます。

タンクの水が減ると、浮き玉が下がっていきます。
浮き玉がさがることで、ボールタップの弁が開き、給水が始まります。

タンク内の水が便器に流れ終わるとフロートバルブが閉まります。

フロートバルブが閉まると、ボールタップからの給水でタンクに水が溜まり始めます。

水位が上がっていくと浮き玉も上がるので、一定量まで水が溜まったところでボールタップの弁が閉じます。

水の流れる仕組み

レバートラブルの原因と直し方

なぜレバーを回すと水が流れるか、分かりましたか?
レバーによって排水の栓を開いて、水を流しているんですね。

それでは、レバーのトラブルの原因と直し方について見ていきましょう。

トイレレバーのトラブルは、主に以下の2つがあります。

・レバーが元の位置に戻らない。そのため水が止まらない。
・レバーが空回りする。そのため水が流せない。

この2つについて、ありえる原因と直し方を説明します。

まずは現状確認!レバーを回しながら確認する

まずは、タンクのフタを開けて、レバーを回しながらレバーと鎖がどうなっているかを確認しましょう。
タンクのフタは、通常持ち上げるだけで開くものが多いです。

確認時は、トイレの止水栓を閉めておきましょう
止水栓を閉めるときには、元の位置に戻せるようにどのくらい開けていたかを覚えておきましょう。

確認するのは以下のようなポイント。

・レバーが錆びていたり、汚れていたりしないか
・レバーを回しても軸の部分が回らないなど、レバー自体が壊れていないか
・鎖が何かにひっかかっていないか
・鎖が長すぎないか
・鎖が切れたり、外れたりしていないか

確認したら、あとはあなたのトイレの症状に当てはまる部分を見て直していきましょう。

レバーが元の位置に戻らない!

レバーが元の位置に戻らなくて、水が止まらないというとき。

原因として考えられるのは、

・レバー自体の劣化
・レバーが錆びている、汚れがたまっている
・鎖が何かにひっかかっている

といったことがあります。

レバーが劣化、錆びている、汚れている場合

レバーが錆びている、汚れている場合は、サビや汚れのせいで回転しづらくなっていることが考えられます。
その他、レバー自体が劣化している場合もあります。
レバーを外して掃除するか、新しいレバーに交換しましょう
劣化している場合には、新しいレバーに換えるのが一番です。

目安として、レバーが元に戻らないときにはレバーの換え時と覚えておきましょう。

レバーの外し方等については、後述します。

鎖が何かにひっかかっている場合

こちらはあまりないパターンだとは思いますが、鎖が何かにひっかかってレバーが元に戻るのを邪魔してしまうこともあります。

ひっかかりをとってあげて、もう1回レバーを回してみましょう。
何回もひっかかる場合には、鎖を少し緩めてあげましょう

レバーが空回りする!

レバーが空回りして、水が流れないというとき。

この場合の原因としては、

・レバーが壊れている
・鎖が長い
・鎖が外れている
・鎖が切れている

などが考えられます。

レバーが壊れている場合

レバー軸部分の付け根が折れているといった、レバーが壊れている場合は、当然レバーは機能しませんよね。
この場合は、レバーを新しいものに交換する必要があります。

レバーの交換方法については、後述します。

鎖が長い、外れている場合

鎖が長い、外れているといった場合は、フロートバルブを引っ張りきれないためレバーが空回りします。
鎖を短く調整したり、付けなおしたりする必要があります。

鎖の長さは、フロートバルブが閉まっている状態で鎖をピンと張り、少し緩ませたくらいでOKです。
たとえば、玉鎖の場合は2〜3玉分、リング状の鎖の場合は2〜3輪分緩ませましょう。

鎖が切れている場合

鎖が切れている場合も、レバーは当然空回り。
鎖はフロートバルブの一部であるため、フロートバルブの交換が必要になります。

鎖だけ換えたい、という方も、鎖が切れるというのはフロートバルブも交換時だと思って、交換することをオススメします。

レバーの外し方・付け方

作業の前に、トイレの止水栓を閉じておきましょう。
閉じる時に、どこまで開いていたか覚えておくと作業のあと戻す時に調整が楽です。

それでは、レバーの外し方です。

1. レバーのロックを外す
2. レバーについている鎖を外す
3. レバーハンドルが固定されているナットをレンチなどを使用して外す
4. 固定している部品を外したら、レバーを引き抜く

付ける時は、これを逆順に戻していく形になります。

レバーを付ける時には、レバー軸の付け根部分についている突起部分とタンクにあいている穴の突起部分を合わせるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

トイレのレバーを回すと、タンクの中にあるフロートバルブが引っ張られて開き、水が流れる仕組みになっています。

レバーのトラブルが起きたときには、トイレタンクをあけて、レバーとレバーに繋がる鎖の様子を見てみましょう
大体がレバーか鎖に原因があるはずです。

レバーが元の位置に戻らないのは、レバー自体の劣化やサビなどにより回転が悪くなっていたり、レバーにつながる鎖がどこかにひっかかったりしていることが原因。
回転が悪くなっている場合は、レバーの換え時です。

レバーが空回りするのは、レバーが壊れていたり鎖が付いていなかったりしてフロートバルブを引っ張れないことが原因。
場合によっては、レバーやフロートバルブを交換する必要があります。

もし自分で直す自信がない、急いで直してほしい、という方は、私たち業者へ相談してみてください!

水の110番救急車では、トイレのレバーのトラブルも素早く解決致します。
トイレのレバーは、頻繁に使用するトイレの重要なスイッチですから、私たちがしっかりと動くように丁寧に早くお直しします。

お困りの方は、ぜひお気軽にご相談くださいね。

ホームページから相談する。すぐ折り返しご連絡します LIXIL,INAX,TOTOなど、どんなトイレも対応可! 施工の流れ ご存知ですか
このページのトップへ

Copyright© 水の110番救急車 All Rights Reserved.