突然の水のトラブル!!今すぐ駆けつけ、緊急対応!!
お見積り・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ 0120-555-527

冬のトラブル、「水道管の凍結」を回避する方法

冬のトラブル、「水道管の凍結」を回避する方法

寒い寒い冬。気温が下がって氷点下になると水が凍ってしまうのはみなさんご存知と通りだと思いますが、それは水道管においても同じことです。

冬の厳しい寒さによって水道管が凍りついてしまうというトラブルを経験された方も多いことでしょう。

一昔前に比べれば、断熱性に優れた住宅というものも随分と増えてきましたが、東北地方などの豪雪地帯ではほんの少しの油断から水道管が凍結してしまうケースはまだまだ当たり前のようにあるという実情です。
今回は、水道管の凍結についてお話していきたいと思います。

どんな日に水道管は凍る?

では、一体どれくらい寒くなると水道管が凍結してしまうのでしょうか。
一般的には、外の気温が-4度以下になった時といわれています。
ちなみにですが、雪が降ってくる条件は、上空の温度が-6度以下で、なおかつ地上が3度以下の気温と言われていますので、雪が降る日には、かならず水道管が凍ってしまうというわけではありません。

ですが、今の今、雪が降っていない状態でも、以前から降っていた雪が積ったまま何日も続けば注意が必要になります。
雪が解けずに残るということは気温が氷点下に近いということなので、油断していると水道管が凍結してしまうことになりかねません。

水道管が凍結してしまうとどうなる?

水道管が凍結するととても困りますよね。第一に、食事に影響が出ます。
水が出なければお米もたけませんし、お湯を沸かすこともできません。そして、食べた後の食器を洗うこともできないのです。

さらに、顔を洗うことも・歯磨をすることも、お風呂やトイレだって使えなくなります。もちろん、洗濯もできません。ようするに、水を使用する全てのことが出来なくりますから、普段通りの生活ができなくなってしまうということです。

さらに、、もし凍結によって水道管が破裂してしまえば、それを修理するために金銭的な負担がかかってしまうこともあるのです。

水道管の凍結を防ぐためには

水道管が凍ってしまうといかに生活が困難になるかということがお分かりいただけたでしょうか。では、このような水道管の凍結を防ぐには、どのような対策をすればいいのでしょうか。

Ⅰ.「水抜き」をする

水道管の凍結は中を通る水が凍ることによって発生するものです。言い換えれば、水道管に水がなければ凍ることもないのです。
部屋のなか、もしくは外についている水道の栓をしめた状態で蛇口を開いて、水道管に残存している水を抜くことによって凍結を防ぐことができます。

Ⅱ.水を止めない(流しっぱなしにする)

少々不経済ですが、水を少量流し続けることによって凍結を防ぐという方法もあります。
水は、流動した状態ではこうりにくいという性質を持っているため、これを利用して、蛇口からほんの少し水が流れるようにすることで凍結を防ぐことが可能です。
しかし、注意しなければならないのが、トイレなどの水を流し続けることのできない設備もあるため、そのような場所ではこの方法は使えません。

万が一水道管が凍ってしまったら

水道管の凍結は、前もってしっかりとした準備をしていれば、ある程度は防げるトラブルですが、そう言ってついつい忘れてしまうのが私たち人間です。
では、もし凍結してしまったらどうすれば良いのでしょうか。

水道管凍結における鉄則は、蛇口をまわさない、直接熱湯をかけない。この2つです。
水が出ないからといって無理やり蛇口をまわすと、水を調節するためのパッキンが壊れてしまって逆に水漏れを引き起こしてしまう原因にもなりますし、単純に熱いお湯をかけるのもNGです。
凍っている状態の水道管に、熱湯をかけてしまうと、熱膨張によってこれもまた、破裂してしまう可能性があるからです。

万が一、水道管が凍ってしまった時は、水道管に直接お湯をかけるのではなく、タオルなどを巻いてからゆっくりとお湯をかけて溶かすようにしましょう。熱湯である必要はありません。もし、そのかける水がないという場合には、専門の業者に連絡して対応してもらいましょう。

ホームページから相談する。すぐ折り返しご連絡します LIXIL,INAX,TOTOなど、どんなトイレも対応可! 施工の流れ ご存知ですか
このページのトップへ

Copyright© 水の110番救急車 All Rights Reserved.