突然の水のトラブル!!今すぐ駆けつけ、緊急対応!!
お見積り・ご相談は無料です。お気軽にどうぞ 0120-555-527

重曹+酢=トイレ詰まり解消!トイレが詰まった時のお手軽な直し方

あなたは、
「トイレが詰まってしまった…どうしたら!?」
「トイレが詰まったけれどラバーカップ(スッポン)が手元にない!」

というような状況にありませんか?

私もトイレが詰まってから、急いでラバーカップを買いに行ったことがあります。

でも、実は、家庭によくある重曹とお酢を使って、簡単にトイレ詰まりが直せるのです!

家になくても、重曹とお酢ならお近くのスーパーでも買えそうですし、お手軽でいいですよね。
ラバーカップを探し回って数時間…なんてことにもならなくてすみそうです。

業者に頼む前に何かできないかな…とお悩みのあなた。
ぜひ、重曹とお酢でのトイレ詰まり解消法をお試しください。

今回は、重曹とお酢を使ったトイレ詰まりの直し方から、トイレ詰まりの原因や前兆などをお話します。

何で重曹とお酢でトイレ詰まりが直るの?

「重曹とお酢でトイレ詰まりが直る…なぜ?」と思いますよね。

重曹とお酢を混ぜると、炭酸ガスが発生します。
この炭酸ガスが、トイレを詰まらせているトイレットペーパーや排泄物を分解し、溶けやすくしてくれるのです。

つまり、重曹とお酢でトイレ詰まりの原因を水に溶けやすくする、ということです。
詰まりの原因が水に溶けてしまえば、流れやすくなりますよね。

簡単!重曹とお酢を使ったトイレ詰まりの直し方

では、実際に重曹とお酢を使用したトイレ詰まりの直し方について説明します。

これから説明する重曹とお酢を使った方法だと、直すはずがさらに詰まらせてしまう、ということはほとんどありません!
なので、一度は試す価値あり!な方法ですよ。

重曹とお酢で解消できるのは?

トイレ詰まりの原因によっては、重曹とお酢を使用しても解決できない場合があります。

重曹とお酢で解消できるのは、以下のような水に溶けるものが原因で詰まっている場合。

・トイレットペーパー
・排泄物
・尿石などの汚れ
・水に流せる○○系

ただし、おもちゃや携帯電話といった固形物を詰まらせた場合は、重曹とお酢では解決できません
流せたとしても、奥に行くだけで取り除かれるわけではありません…。
固形物を詰まらせた場合には、業者に依頼しましょう。

準備するもの

今回使用するものは以下。

・重曹 - 4分の1カップ
・お酢 - 2分の1カップ(100cc)
・お湯(ぬるま湯40〜50度) - 便器の半分くらいの量
・計量カップ
・ゴム手袋
・バケツ
・水を汲み取るためのもの(灯油のくみとりポンプ、牛乳パックなど)

今回使用するもの

重曹とお酢は分量をはかっておきましょう。
計量カップなどの目盛りを使ってはかるときは、重曹の2倍の量酢をいれればいい、と覚えてくださいね。

重曹はお掃除によく使うということで既に持っている方も多いのではないでしょうか?
購入する場合は、スーパーや100円ショップで重曹を買うことができます。

お酢の代用品として、クエン酸も使用できます。
量もお酢と同じ計量カップ2分の1程度で大丈夫です。

重曹とお酢の代わりに、ベーキングパウダーも使用できます。
しかし、効果は半減…。
量も重曹の倍(計量カップ2分の1)程度必要になりますので、重曹とお酢を買ったほうが早いかもしれません。
ベーキングパウダーの場合は、手順の3と4が一緒になったと思ってくださいね。

お湯はぬるま湯で、40〜50度くらいのものを使用します。
熱湯を使用すると、陶器製である便器にヒビが入ってしまったり、排水管が故障してしまう恐れがあるので要注意!
沸かす場合は、湯気が出てきたくらいで大丈夫です。

最初にトイレの水を汲み取るのですが、そのときに使用できるものとして、灯油の汲み取りポンプなどがあると便利です。
牛乳パックのような紙パックや紙コップなどを使用すると、あとは捨てるだけでいいので楽チン。

作業の際は、トイレの水を触るのは少し抵抗がありますし、ゴム手袋があるならしておくといいですね。

ちょっと待って!直す作業の前やっておくこと

直す作業に入る前に、以下の3点を行っておきましょう。

・止水栓を閉める
・ウォシュレットの電源プラグを抜く
・窓やドアを開けて換気する

止水栓を閉める

トイレタンクから水が流れないよう、止水栓か元栓を閉めましょう。
ついつい水洗レバーをひねってしまい、便器から水が溢れ出てしまった…ということを防ぎます。

止水栓はタンクへの給水管についている場合がほとんどです。

止水栓はタンクについている場合がほとんど

ウォシュレットの電源プラグを抜く

ウォシュレット付きトイレの場合には、作動中に誤って触れてしまい作動するのを防ぐため、電源プラグを抜いておきましょう。

このとき、濡れた手でプラグを抜かないようにご注意を! 万が一漏水したときの感電防止のため、プラグは床に置いておかないようにしましょう。

ウォシュレットの電源プラグは抜いておきましょう

窓やドアを開けて換気する

窓やドアは開けて換気をしましょう

重曹とお酢をまぜると、炭酸ガス、つまり二酸化炭素が発生します。
空気中の二酸化炭素の濃度が高くなると大変危険ですので、必ず換気しましょう。

窓は開けておきましょう

いざ!重曹とお酢でのトイレ詰まりを直す手順

それでは、トイレ詰まりを直していきましょう。

全体の流れは以下ようになります。

1. 便器に溜まっている水を取り除く
2. 重曹を入れる
3. お酢を入れる
4. お湯を便器の半分くらいまで注ぐ
5. 1時間程待つ
6. お湯を少しずつ流してみて流れたら完了

順番に要注意!
先に重曹を入れてからお酢を入れます
これは発泡作用を長く持続させるためです。

1. 便器に溜まっている水を取り除く

まず、便器に溜まっている水をできるだけ取り除き、バケツに移します。
灯油の汲み取りポンプや牛乳パックなどを使うといいですよ。

便器にたまった水を取り除く

2. 重曹を入れる

次に、重曹を4分の1カップ程度便器に入れます。

便器に重曹を入れる

3. お酢を入れる

重曹を入れたら、お酢を2分の1カップ程度便器に入れます。
お酢を入れると、重曹と反応して炭酸ガスが発生し勢い良く泡立ちます。

便器にお酢を入れる

4. お湯を便器の半分くらいまで注ぐ

40〜50度くらいのお湯を便器の半分くらいまで注ぎます。

便器にお湯を注ぐ

5. 1時間程待つ

そのまま1時間程待ちましょう。

6. 水を少しずつ流してみて流れたら完了

1時間程度経ったら、水を少しずつ流してみましょう。
それで水が引いていくようでしたら、詰まりは解消されています!

止水栓・元栓を開き、レバーで水洗して完了です。

ウォシュレットの電源プラグも元に戻しておきましょう。
ただし、濡れた手で触らないように注意!

レバーを引いて水洗

重曹以外でのトイレ詰まりの直し方

重曹とお酢でトイレ詰まりを直す以外の方法も2つお伝えしておきます。

ただし、固形物を落とした場合にはあまり効果が見込めませんので、先ほどもお伝えしたとおり、業者に依頼するのが解決への近道です。

ラバーカップ(スッポン)で詰まっているものを引っ張り出す

ラバーカップという、トイレ詰まりを直すための道具を使用します。
よく聞く「スッポン」ですね。

ラバーカップは、ホームセンターや100円ショップに売っています。
ラバーカップには、洋式用と和式用があるので、お使いのトイレに合ったものを選んでください。

ラバーカップのゴム部分が水に浸るくらいの水量にしておきます。
使い方は、排水口に対して水平に、ゆっくり少しずつ押し込み、グッと引く
水が飛び散ることもありますので、注意してくださいね。

あまり勢いよく押しまくってしまうと、かえって詰まりをひどくさせてしまうことも…。
押すときではなく、引くときに勢い良く引いてください。

詳しい使い方は、こちらの記事で説明していますので、よかったらご覧ください。

パイプクリーナーで洗い流す

こちらは、パイプクリーナーという排水溝の掃除に使う洗剤を使用する方法。
パイプクリーナーは、汚れや髪の毛などの詰まりの原因を溶かしてくれるものです。

使い方は、その洗剤にもよるとは思いますが、基本洗剤を流して待つだけ。
詰まりも直ってキレイにしてくれる効果もあって一石二鳥ですね。

重曹と酢はないけど、パイプクリーナーならある!という場合はぜひお試しを。

トイレ詰まりが自力で解消できないとき

固形物を落として詰まらせてしまったとき、一度試してみたけど直らなかったとき、そんなときは素直に業者に依頼することがオススメです。

なんやかんや試しているうちに余計詰まらせてしまって高くついてしまった…なんてことになりたくはないですよね。

業者はプロですから、詰まりの原因をビシっとあてて解消してくれます。

水の110番救急車でも、トイレ詰まりのお悩みに駆けつけて解消します。
ベテランのスタッフが、トイレ詰まりの解消から簡単な清掃まで、キレイな仕上がりを実現します。
トイレ詰まりがどうしても直らなくてお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね。

トイレ詰まりの原因

さて、トイレ詰まりを直すといえど、そもそもトイレが詰まる原因はどのようなものがあるのでしょうか?
よくあるトイレ詰まりの原因をいくつか紹介します。

ティッシュペーパーを流した

よくあるのがティッシュペーパーを詰まらせたという場合。
トイレットペーパーを切らしているときに代わりに使用してそのまま流してしまうことが多いですよね。
しかし、ティッシュペーパーはトイレットペーパーと違って水に溶けやすくはありません。
そのため、詰まってしまいます。

水に流せる○○系を流した

お掃除シートや猫砂も詰まる原因になりがちです。
少し水に浸けておいてから流しましょう。
一度に大量に流すことはしないように…。

異物を落とした

おもちゃや消臭剤のキャップ、ハンカチなど、異物を落として詰まらせる場合もあります。
最近、特に増えてるのが携帯電話を落としたというケース。

異物を落としてしまった場合は、業者を呼んで詰まりを直してもらいましょう。

節水している

大便も小便用の水量で流していたり、タンク内にペットボトルなどを入れて流す水の量を減らしたりといった、節水の行為が詰まらせてしまう原因にもなります。
トイレはキレイに流れるよう水量を調節して作られているので、適切な量で流さないと流れにくくなってしまうのです。

節水して節約するつもりが、逆に修理代がかかる…なんてことに。

排水管に汚れがたまっている

排水管に汚れがたまって、それで詰まってしまうというケースもあります。
こまめに掃除をして、キレイにしておきましょう。

トイレ詰まりの前兆

トイレがいざ詰まってから慌てて直すより、前もって「詰まってきたかな?」と分かるのであれば対策も取りやすいですよね。
トイレ詰まりの前兆を3つ、以下のような場合があります。

・いつもより便器の水位が高い
・水の流れが悪い
・水を流した時に変な音がする

前兆を察知したときには、排水管の掃除をしたり、ラバーカップを使って流れやすくなるか確認したり、なにかしら対策しましょう。
もしそれで直らないようであれば、業者を呼んで診てもらうのが吉。
「トイレが詰まってトイレに行けない!」なんてことにならないように、早めに直してもらいましょう。

トイレ詰まりの予防方法

トイレ、詰まらないに越したことはないですよね。
トイレを詰まらせないために、以下のようなことに気をつけておきましょう。

トイレットペーパーを一度にたくさん流さない

ついつい使いすぎてしまいがちなトイレットペーパー。
ちょっと今回は大量旗だな…と思ったら、ちょこっとずつ流すようにした方がいいかもしれません。

こまめに掃除をする

こまめに掃除をすることで汚れがたまるのを防止できます。
排水管掃除も含め、少なくとも月に1回は掃除しておくと安心ですね。

節水はやめておく

節水は逆にトイレを詰まらせる原因となりかねません。
トイレを流す水の量は、適切な量になるように設計されています。
残念ですがトイレの節水はやめておき、他のところで節水を…!

余計な物は持ち込まない

あなたにも、トイレで一休み、ちょっと携帯を…なんて経験はありませんか?
しかし、携帯電話などの異物をトイレに落としてしまうと詰まりの原因。
詰まりの原因となりそうなものはできるだけ持ち込まないようにしましょう。

作業する時はトイレのフタを閉めておく

トイレに消臭剤や芳香剤を置く方も多いのではないでしょうか?
そういったものを設置する…というような何か作業をするときには、トイレのフタを閉めておきましょう
フタを閉めておけば何かを落としてしまっても、便器に入る心配はありませんよね。

まとめ

いかがでしたか?

水に溶けるものが原因で詰まった場合には、重曹とお酢で詰まりを解消できるかもしれません。

重曹を入れて、お酢を入れて、ぬるま湯を入れて、1時間放置。
簡単ですよね。
しかも逆に詰まらせてしまう、といったことはほとんどありませんので安心。

業者に頼む前に、自分でなにかできないかとお探しの方は、ぜひお試しください。

1回チャレンジしてみてダメだった場合には、私たちのような専門業者にご相談ください。

水の110番救急車でも、トイレ詰まりのトラブルに対応しています。
トイレ詰まりの原因の追及から解消はもちろん、簡単な清掃まで行います。
何度も使用する大事なトイレですから、私たちが早く・確実に・キレイに解決!

トイレ詰まりのトラブルでお悩みの方は、お気軽にご相談くださいね。

ホームページから相談する。すぐ折り返しご連絡します LIXIL,INAX,TOTOなど、どんなトイレも対応可! 施工の流れ ご存知ですか
このページのトップへ

Copyright© 水の110番救急車 All Rights Reserved.